山登り

木曽駒を歩こう!

Photo 5連休もあ~という間に終わってしまいました~~~~

寂しい秋風が心の中に吹いています(weep

この連休にまたまた・・・・お山に呼ばれて行って来ました。

9月22日(火)天気曇りのち雨。あまりよいない・・・・・・・rain

木曽駒ヶ岳。この辺では西駒ヶ岳と呼ばれていますが、木曽出身のお友達が計画を立てて下さったので、「木曽駒ヶ岳」と呼ばせて貰います。

朝6時半・・・・駒ヶ根市の菅の台へ集合してバスに乗り標高1661mのしらびそ平へと向かいました。

Photo_2 しらびそ平からロープウエーで約9分で千畳敷カールへ着きます。

生憎の悪天候で、この日は思ったより混雑もなくロープウエーに乗れました。

ちなみに前の日は、4時間待ちだったようですwobbly

遠くに南アルプスが薄らと見えますが・・・・・

Photo_4

Photo_3 千畳敷カールに着いた時は、霧雨の中。

またもや最悪の天候でした。でも千畳敷を登り、駒ヶ岳を目指しました。

道は、ほとんど見えない状態。

でも、もうここでは紅葉が早くも始まってます。

ナナカマドや黒ユリ、チングルマが目につきますが、でも 岩が目立つな~。

宝剣岳(標高2931m)に着いた時は、風と雨で寒い。

でもそれを、さらに中岳へと向かい、そして駒ヶ岳へ。

Photo_4 Photo_5

山頂2956mの山頂へ着いた時は体はほんのり温かくなっていました。

Photo_6 山頂にて記念撮影。

今回集まった仲間は5人。よく登りました!

(顔はみな渋い・・・笑)

天気が良ければ、遠く富士山まで見えたはずですが、残念!

今年の3000m級の登山は、これで終わりにしようと心に決めたちぶすですが・・・・・こんな悪天候だと心残り。

来年の夏に、今度は八ヶ岳や御嶽山へ行きたいです。

菅の台からのバス代・・・往復1600円。

ロープウエー代・・・・・往復2200円。

お1人様3800円の旅でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雲の上から~

Photo

8月26日の早朝。仙丈小屋から御来光を見ました。

Photo_2

雲海の遠くに、中央アルプスや、御嶽山が薄らと見えました。

今日の天気は、快晴。さあ荷物を背負い出かける準備です。

Photo_3

仙丈小屋から小仙丈へ向かい尾根筋を歩きます。

右手に南アルプス。左手に中央アルプスと北アルプスを見ながら進みますが、この道が結構狭くて怖い!

Photo_10 Photo_5

Photo_6

この位置に富士山が見えるハズが、残念ながら・・・・・・

Photo_7

北岳。日本で富士山の次に高い山なので、やっぱ立派!

Photo_8

高さ2,900mから下界を見るのは、最高です。

こんなにたくさんの山に囲まれて、私たちは生活しているんだと実感しました。

Photo_9

今日で8月も終わりです。新型インフルエンザが猛威をふるい始め、大変な事になって来ました。

高い山は空気がよく、そんなウイルスも浄化されてしまいそうな気配です。

選挙も終わり新政権になり、ちょっと期待。でも景気はどうなのかな~。

最近めっきり外食が減りました。少しの節約です。

来月は、いい事があると願います♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

仙丈ヶ岳登山その1

Sennjyou

南アルプスの仙丈ヶ岳から無事帰って来ました。

さすがに疲れました。昨日は足がパンパン。マッサージーへ行ってモミモミしてもらいましたgood

一日目は生憎の曇り空;:゙;`(゚∀゚)`;:゙え・・・・もしかしたら仙丈ヶ岳だけだったのかな~。

山頂が狭いのです。こんな感じcoldsweats01落ちそうでしょ?

Photo 標高3,033m。高~いんですよ。

夏山登山の最後なのか大勢の人々で賑わいました。

北沢峠の駐車場から重い荷物を持って歩く事4時間で、この山頂に辿り着きます。

Photo_2 Photo_3

 

お宿の仙丈小屋。風力発電と水洗トイレ付の近代的な山小屋。

標高2,890m。山頂に最も近い場所にあり。中央アルプスから御嶽山が一望できます。

Goraikou

感動的なサンセットメモリー。

雲海に沈む夕日。空が赤く燃え上がり静かな夕闇が訪れます。

山登りの疲れが、吹っ飛ぶほど感動的!

   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

富士見台まで登ろう!

Dscf9303 今日は、阿智村園原にある神坂神社から富士見台を目指し登りました。

神社から富士見台まで約6K。

標高差約700m.

Dscf9310 Dscf9309                   

Dscf9331 Dscf9342              

東山道と呼ばれたこの道は、難所が多かったと言われていますが、確かに急坂に加えて、道が狭く大変でした。

Dscf9350

途中にある万岳荘で一休み。今日は休日のせいか、とでも多くの人で賑わっていました。

Dscf9358Dscf9365

奥に黒く見えるのが恵那山です。

でっかい山です!

 ここでお昼を食べたのですが、風が強くて寒かった~。

Dscf9377山頂。1739m。

360°のパノラマは最高!

Dscf9375

御嶽山がここから見えるはずが、生憎雲がかかり残念!

中津川方面はキレイにみえました。

富士見台は、以前は牧場として使われていましたが、今は富士見台高原として観光地になっています。

もう少し季節が早ければ、登山道をササユリが飾ってくれたことでしょう。

最近夏山登山にはまってますね。こんなに体を鍛えていたら、マッチョな女になれる事でしょう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

霧雨の中の乗鞍岳

Dscf8998  いよいよお盆が近づき、今日からお休みです。

夏らしい天気になり、乗鞍岳まで登山に出かけました。

東名高速道路が昨日の地震で、通行止め。

そのせいか......中央道はコミコミwobbly時間が意外とかかりましたsweat02

乗鞍高原に着いた時は、はっきりと乗鞍岳が見えたのでラッキー!

Dscf9007_2 しかし、シャトルバスで畳平に上がると、すご~い霧の中。

前が見えないcrying

Dscf9010 Dscf9017 Dscf9018 Dscf9020                                               

Dscf9048 Dscf9068                   

ミヤマキンバイ。

ヨシバシオガマ。

コマクサ。

など........。

高山植物は、今が見頃でした。

天気がよかったら、もっとステキだったことでしょう。

Dscf9033

Dscf9038霧雨のミスト と暴風の中、山頂にある剣が峰3026mへ無事たどり着きました。

日本にある3000mを超える山の中で乗鞍岳は、かなり楽な部類に入るのですが、足場はかなり不安定です。

何度も滑りながら、転びながら登頂に成功した時の達成感はいいものです、

だから登山好きが増えるのですね!

今日の乗鞍は、大勢の登山愛好家で賑わっていました。

最近富士登山へ行った友達が、登山口から山頂までこんな天気でガッカリしたようです。

この夏は、雨ばかりで大気が不安定な日ばかり。

絶好な登山日よりはなかなかありませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

笠松山道三十三観音巡り

Photo_7

最近仏像ブーム。特に興福寺の阿修羅像の人気は最たるもので、テレビで何度か特集を組まれていたけ・・・・。

ここ笠松山の観音様もなかなか見て歩くと大変面白い!

でも、登山口を梅ヶ久保から上がると観音様には巡り逢えない。

道が険しくても、日本トレッキングから登ると、その道沿いに33体の観音様に会う事ができます。

Photo_8 Photo_9        Photo_10        Photo_11        Photo_12        

Photo_13 Photo_14        Photo_15        Photo_16        Photo_17        

Photo_18 24        25        26        29        

それぞれに表情が違い見て歩くだけでも楽しい。

道に迷いそうになった時でも、この観音様があるとホッとする。道しるべとも言えるのかな。

Photo_19

山頂にある観音像。

大雨が降り天候が不安定な日が続きますが、山ではキノコがもうすでに収穫されてます。

今年は、いつもの年と少し違う感じです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

風越山をゆく。

Dscf8769_2 やっと夏が来ましたね!

昨日は午後「風越山」の虚空蔵まで歩きました。

Dscf8725 Dscf8726_3

Dscf8728 Dscf8730_2

風越山は白山神社の奥宮がある信仰の山です。標高は山頂までは、1535m程。

その途中の虚空蔵までは、1130m程です。

長雨の後で地盤がかなり滑りやすくなっていますが、観音様に導かれる様に山を登って行きました。

久しぶりに登った風越山は、木々が雨上がりでとても水々しく輝いていましたよ。

こんな天気でも登山をする人。マラソンをする人がいてビックリしました。(そんな私のちょっと変わり者かもしれませんが・・・・・・笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)