自然

花桃と水仙と・・・

Dsc_0032

今日は「みどりの日」でした。

朝からずーと家でゴロゴロしていたのですが、午後から活動開始。

花桃と水仙の咲く丘を見てきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山本の杵原の桜

Dsc_0354今夜は雨が降りそうな天気です。

今年の桜は、寒さのために少し色が薄い感じもしましたが・・・・・・

山本の杵原の桜を見てきました。

夜は校舎に電気がつき、ライトアップされているそうです。

Dsc_0360

既に風に靡くと、花びらが舞い落ちています。

Dsc_0363桜の命は短いですね。

Dsc_0366 来年の春にまた会いましょうね。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

蛍の舞う川

Photo_3 千代の尾林

先日ここへ法事で出かけました。

法事で親戚が集まると、いろんな話が飛びかいます。

この尾林に住む伯父の家の隣には、川が流れて、

この川に、蛍が出て、それはそれはキレイだそうです。

年々蛍も水質汚染の関係で、その数が減少しているとか・・・・・・。

下久堅の小林にも昔たくさんの蛍が舞い何度か見物に行きました。

しかし、そこも今では・・・・・・かなり数が少なくなってしまいました。

闇夜に舞う蛍の光。

「亡くなった人が、蛍に身を変えて会いにくる」

と言う言い伝えを聞いた事があります。

なんとも儚げで神秘的なイメージ。

初夏を迎える頃に、また伯父の家を訪ねたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今朝の雪景色を撮りに・・・・♪

大雪が降りました。昨日から降った雪は、我が家の周りでも20cmぐらい積もりました。

いつも、憂鬱になる雪も、今回はちょっと楽しみがあります。

今朝は雪かきのため、5時起き。さすがに暗くて寒かった........wobbly

そそくさと雪を掻きを終わらせ、車のエンジンをかけました。

Photo_11 

今朝は、昨夜の雪と適度な冷え込みがあり、樹氷の撮影が出来そうです。

日が上がらないうちに、カメラ片手に出かけました。

7時10分 ちょうど、飯田市山本のあたりで日の出を迎えました。

Photo_3

             Photo_12

西部山麓線から見る阿智村の景色も絶景だ.....♪

Photo_5 阿智村園原

ここは、園原と清内路との分岐点。

園原へ行こうか、清内路へ行こうか?迷うけれど、清内路方面へ向かいました。

Photo_10

Photo_8

Photo_7               

雪深い清内路・・・・雪が40cm?ぐらい積もったのかなsnow

近年稀に見るような雪景色。

適当な所に車を止め、丘を長靴で駆け上がり撮影しました。

私の友達がヘブンス園原の樹氷の写真をホームページで公開してます。

その写真を見ながら、いつか....こんな景色を見たいと思っていたので満足heart04

しかし、この先の木曽路まで行く勇気はなく、ここで断念!

朝の青空とは、打って変わりお昼頃からまた雪がチラチラと降り始めました。

早朝に撮影に行ってよかったと実感してます。

これから、また雪かきの続きをやります・・・・。

     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

霜が降りた朝

Photo

今朝の阿智村園原の横川。

カラマツの紅葉が始まりました。今朝は平地でも大変冷え込み我が家の周りにも、たくさんの霜が降りました。

もう10月の終わり。駆け足で今年の秋は過ぎて行きます。

しばらく・・・・・今朝の氷の芸術をお楽しみ下さいませ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

朝日があたる一瞬の輝き。氷の花びらが・・・・・。

こんなチャンスは、なかなか遭遇できないのですが、なんとも美しい~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

す~ごくキレイじゃん!

Photo_10 早朝。久々に清内路の掘割に寄ってみました。

明治42年、会地(おうち)現在の阿智村と、下清内路間の通過地籍で最も難所と言われた小芝沢小畑地区。岩を掘り割って、数年の歳月をかけて完工されました。

確かに、掘割です。(画面を拡大して見て下さい。)

Photo_11 Photo_12

メチャクチャ紅葉がきれい!Photo_13

橋の向こうに見える滝。確かに前は清流の滝でしたが、今は長寿の滝になっていましたeye

いつ変わったのか?わかりませんが・・・・・Photo_14

この様に紅葉の美しい時を錦秋と言うそうです。

(ややさんのブログでしりましたnote)

広辞苑では、「紅葉が美しく錦織りなす絵巻の様な時」と載っていました。

(ブログは勉強になりますscissors

早朝のお仕事よりも、日中の仕事だったらもっとキレイな紅葉をお見せ出来るかもしれません。

でも、今が一番美しい清内路です。トンネルを抜けたら、是非カメラを構えて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉最前線

Photo

澄み渡る青い空。こんなに空がキレイなことってなかなかない。

Dscf0502_2  紅葉がみるみるうちにすすんだ阿智村清内路ですが、朝と夜の冷え込みは激しく、朝霜が降りる様になりました。

セーターに身をつつみ、飯田へ降りて行くと、気温は2度は違う気がします。

あわてて服を脱いだり着たり、毎日の服装が大変です。

日に日に色を変える山々。

ぼんやりしていられない!

Photo_2「観音山のロウダンがキレイだな~。うちから毎日見えるんな。」

観音山のロウダンツツジも赤くなり、この紅葉の話が、お天気話の様に・・・。

こんな会話をしている時が幸せです。

Photo_3

野菊の一種のノコンギクもまだまだ元気に咲いています。

新型インフルエンザの予防接種が19日から始まりました。優先順位があるため、私たちの世代は対象外かも。

慌てて、季節性のインフルエンザの予防接種の予約をしましたが、今年はこんな騒ぎで数が足らないとか・・・・。

いつも接種をしない人たちも今年だけは、希望するようです。

備えあれば・・・・・。ちぶすももう既に予約しました。みなさんも早めのインフルエンザ対策をして下さいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風一過の日

台風18号が昨日の早朝通過しました。

鈍感な・・・・ちぶすは台風の雨風を感じる事無く、深~い眠りについていました。

Photo

昨日の空は、こんな怪しい色をして・・・・どこか不気味な感じでした。

ちぶすの実家はりんご農家。収穫を前にしてたくさんのりんごが落ちていまい困りました。

天災とはいえ、じいちゃんは、ショック!!

何よりかわいいりんごですweep

Photo_2

今日は、台風一過。

爽やかな青空!

Photo_3

いつもと変わらない田園風景。

Photo_4

何日ぶりの晴天だろう。

Photo_5

今日は、下伊那のいくつかの小学校では、秋の遠足が行われたそうな・・・・。

阿智村園原にある富士見台・伊賀良鳩打ち峠から高鳥屋・梨野峠の縦走・飯田の風越山・上久堅の神の峰へのプチ登山が多いそうですeye

どのコースを選択しても、遠足としては超ハードです。いずれも時間にすれば3時間コース。

幸いにもこんなに晴天に恵まれて、子供達も幸せです♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

心惹かれるもの!

Dscf8782

森林浴。自然と体が一体となった瞬間。

この自然のエネルギーを力いっぱい吸い込もう!

Dscf8784虚空蔵を少し超えると風越山の天然記念物指定ベニマンサクの樹木がある。

今は夏なので、葉は緑。紅葉の時期になると、このベニマンサクがキレイに色づきます♪

Dscf8785 風越山麓には、心惹かれるモノが多い。自然・仏像・そして・・・・・・・

Dscf8786 延命水。

ここ数日の豪雨に関わらず、水量が少なく滴る水を大事に手に取りいただいた。

これで長生きが出来るでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まぶしいぐらいの夕暮れ

Photo

昨日の夕方西部山麓線をrvcarで走っていると、空に微かな虹が・・・・eye

雨上がりにかかる虹を見ながら、ふとある詩を思い出しました

Photo_3

                              まど みちお

ほんとうは

こんな 汚れた空に

出て下さるはずなど ないのだった

もしも ここに

汚した ちょうほんにんの

人間だけしか住んでいないのだったら

Photo_4

でも ここには

何も知らない ほかの生き物たちが

なんちょう なんおく 暮らしている

どうして こんなに汚れたのだろうと

いぶかしげに

自分たちの空を 見上げながら

Photo_5

その あどけない目を

ほんの少しでも くもらせたくないために

ただそれだけのために

虹は出て下さっているのだ

あんなにひっそりと きょうも

最近虹を何度か見ました。

飯田の空も少しずつ汚れてきて 少し悲しい。でも、昨日の夕焼けは妙に光り輝いて写真に撮りたくなりました。

この空を この虹を また見たいと思っているちぶすです。

Photo_7

久々に飯田サテイーのたこ焼きを食べました。

ソースたっぷりに青のりとマヨネーズ。

ちょっとカロリーオーバーな気もしますが小腹がすいた時はこれに限ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧