« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

久米の光明寺へ

Dscf3295

久米にある光明寺(こうみょうじ)

先日、久米寺の枝垂れ桜を見に行った時に、近くにある光明寺に寄る時間がなく、ずっと心残りでした。

地図で調べたのですが、詳しくは分からず、取りあえずカンで行ってみると、

風格のあるお寺が、高台に見えました。

Dscf3301

本堂には、国宝 阿弥陀如来座像があります。

Dscf3321

真言宗智山派、円光山。開創、養老年間(712~23)行基。

人の手があまり入った感じはなく、本当に自然の中に同化しています。

本堂の隣にある枝垂れ桜は、春には美しい中を咲かせる事でしょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぺーさんの手帳

Photo_3

今年の手帳を初めて使いました。

韓国のペー・ヨンジュンさんの手帳です。

(ぺーさんのグッツはたくさんあります。その数は、なんと、友達の6畳の部屋がいっぱいになるほどです。eye

先日、娘の学校の懇談会へ行ったら、みんな一斉に自分の手帳を出し、記入をし始めました。

それを見て・・・・自分にも年末に買った高価な?いえ人には言えない秘密の手帳がある事を思い出しました。(笑)

毎年ペーさんフ大ァンのお友達が買ってくれます♪

Pe

中身は・・・・こんな写真集になっているので・・・・。

ちょいっと恥ずかしいcoldsweats01

Pe2

でも.......これにセッセっと予定を書くのは・・・・せいぜい4月まで。

あとは、白紙のページばかり。

今年こそは・・・・・・punch

3月までの要件を整理して記入をしました。

年々物忘れがひどくなり、記録をとることの大切さを実感します。

でも問題は・・・・・・この手帳をどこかに置き忘れることなんですdown

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ちょっとお借りしたいもの!

Photo

またまた雪snowが降りました。

おまけに今日の雪は、みぞれ状態で重い。それに加えてよく滑ります。

Photo

あちらもこちらも銀世界。

Photo_2 こんな時は、必殺 雪掻き機

耕運機の雪かきバージョン!

推定価格にして20万。

これがあると、雪国では重宝します♪

今年になって、この雪掻き機は、3回程出動したのを見ました。

お隣さんは、この雪掻き機でスイスイと雪を掻きますが、我が家は手作業です。

少し御借りしたい今日の雪ですー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

心ときめくもの・・・

Photo_2

飯田市下瀬

天竜峡から151号線を通り下條村へ向かう途中に、サークルKがあります。

毎週ここで義母に飴玉を買う事が、日課になっている旦那は、

サークルKから天竜峡方面を見る、この風景が好きです。

のどかな田園風景でしょ?

(最近写真を整理していて思うのですが、南信ってこんな景色が多くないですか?

ここが千代です。と言われるとそう思うし、下久堅と言われると・・・・)

この辺は標高が400mぐらいの、本当に暖かいところ。

標高700mの別荘地に住むちぶすには・・・・400mと言う言葉は魅力的です♪

Photo 

毎年、冬になると、体が冷えるせいか・・・・胃腸の働きが鈍ります。

体を動かさないと、ますます・・・調子が悪いので、里山ウオーキングを始めたのですが。

毎日は、とても忙しくてムリcatface

でも、今年の冬は里山歩きのお陰か冷え性は改善しています。

そのかわりに、口の回りにニキビが・・・・・・

みんな私の顔を見て・・・「年ごろは過ぎたのにね」とニヤニヤしますが、顔に吹き出物はban

昨日困りはて、某薬局へ相談に行くと、この松寿仙を勧められました。

「飯田ミスりんご娘の〇〇さんも飲んでいる・・・・」という宣伝文句にトキメキました(笑)

・・・・・毎日キャップ1杯をお湯で割り、5回に分けていただます。

今日からお出かけには、松寿仙 の水筒を持参してます♪

きっともうすぐ・・・ツルツルになりますように・・!

はやく効果が出るといいな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

もうすぐオカマ・・・・・

Photo いよいようちのトラのパイプhairsalonが一週間に迫りました。

深刻な表情を浮かべるトラ。

㊚のうちに・・・・・heart02

いたずら猫のトラも、カットすると大人しくなるのでしょうか?

Photo_2 先週の土曜日に、近くの動物病院へトラを連れていきました。

捨て猫トラの年齢は不明。

もちろん、健康状態も・・・・。

パイプカットのためには、事前の予防接種と診察が必要のようです。

Photo_3 Photo_4

問診をして家ネコちゃん用の予防接種をしました。

トラは、8月生まれの6か月の猫でした。体重4.1Kg 体温38.4°

お腹の寄生虫(-)。健康状態良好でいつでもカットOKです。

ちゃんと、トラ用に診察券が作られました。

金額5,500円也    ・・・・・・sweat02sweat02

Photo_5 お尻に大きな注射をされたトラは、帰って来てから、カバンの上で寝込みました。

今週末に、オカマになるトラは、スゴイショックを受けることでしょう。

Photo_6

でも、春に近づくと、やっぱり外が気になります♪

気になる彼女catに会いたいたいようです❤

| | コメント (2) | トラックバック (0)

民ちゃんの手料理・・・♪

6 昨日は、飯田動物園の前にある「扇屋さん」で、旧職場会を行いました。

こちらの女将さんの 民ちゃん の手料理は全国雑誌

旅人でも紹介されたほど・・・有名。(写真の方)

民ちゃんの明るいお人柄は、多くの著名人を魅了します❤

たくさんの秘話を民ちゃんから聞いて、ずーと「へえー」

「はあー」の繰り返しでした。

おいしいお料理をたくさんご馳走になり、楽しいひと時を過ごさせていただき幸せ♪

ああ・・(初対面で 民ちゃん と呼ばせてもらいゴメンなさいヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

昼間から、一年分のおいしい料理をいただいたので、民ちゃんのおススメで 腹こなしに 

下久堅 下虎岩にある常信禅院 へ寄ってみました・・・・。

Photo

常信禅院は、松尾の対岸の小高い丘の上にあります。いろいろな展覧会とか講演会が、こちらの本堂で開催されるので、足を運ばれた方も多いのでは・・・・・

Photo_4

天竜川や遠くに風越山から西駒。そして恵那山までが一望でき、そりゃいい眺め!

昨日は天気もよく穏やかな一日。下虎岩の大地から見下ろす飯田の市街地もどこなく長閑な雰囲気が漂っていましたよ・・・。

天竜川の東と西では、こんなに景色が違うんだと・・・暖かいところはいいねえ~。

ここから見るサンセットは最高でしょうね・・・・・。

(是非画像を拡大してご覧ください。)

Photo_5

釣鐘

大晦日には、除夜の鐘を撞かせてもらえるので、大勢の人が列をつくるとか・・・・。

7_2

院の真下には、ご住職 谷川大門(たにがわ だいもん)さんの風窯が。

昔、人は春から秋は田畑を耕し、秋の終わりより冬の期間は粘土をこね窯を焚いたと、何かの書物で読んだことがあります。

私は若い頃より、人が平安の昔より営んできた「半農半陶」の生活に憧れてきました。

                              (谷川 大門さんの言葉より)

「お寺を守りながら、陶芸に勤しむ」

こんな生活に私も憧れています。

一月も最後の週。

満腹のお腹を抱えて、院から見る景色に見惚れてしまったちぶすです♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

里山歩き 鎮西大滝 まで

Dscf3066_2

今朝の空をご覧になりましたか?

昨夜、雪が降った?(ちぶすの家では・・・)のに、今朝はこんなに爽やかな空。

あまりキレイなので、今日は雲ばっかり見ていました。

Dscf3139

里山歩きに、下條村の鎮西(ちんざい)まで行って来ました。

鎮西は、下條でも南に位置し、比較的暖かいところ。

鎮西の大滝は、まだ氷結の気配もなく静かな水音が聞こえました。

Dscf3124 途中の道には、落石があり車ではムリ。

「お~木まで倒れているぞ~」

運よく歩いて行ったのでよかった。

Dscf3136 昨夜降った雪がわずかに残る大滝。

どことなく、まだ草木が色を残し、冬の滝特有の寒々とした雰囲気が感じられません。

この滝は、東を向いているので、日の暮れがが早い・・・・・。

午後3時でも、すでに辺りは薄暗かったです。

行き帰り徒歩4K。所要時間約40分

まあまあの歩きが出来ました・・・・♪

Dscf3144_2

新緑の季節になったら、またここへ来てみよう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ながーい冬の道の向こうに・・・・

Dscf2916_3

今年の冬は、厳しい寒さのせいか・・・・親しかった方の訃報が相次ぎました。

若くして、ガンで旅立たれた友達。

そんな悲しい知らせを耳にする度に、自分がこうして生きている事に深く感謝をし、生に対しての責任を感じます。

今日の写真は、そんな意味を込めて、「ながーい冬の道のむこうに・・・・・」というタイトルをつけさせてもらいました。

それぞれに感じるものは違うと思いますが、母を亡くした子どもに対しての願いを。

辛い日々を絶えて明るい世界が広がりますように!

休日に昔の職場の同僚との食事会に招待されました。

もう20年も前になる仲間・・・・ちょっぴり昼間からお酒もいただけるとか・・・・。

どんな話に花が咲くのだろうか・・・・・。

いつでもそうなんですが、会をセッテングして下さる世話好きな幹事さんの存在が大事。

今回の会を企画していただいた幹事さん ありがとう❤

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芽吹き・・・・・❤

Dscf2868_3

                              久米の棚田の風景

写真は、先日久米から見た棚田の夕暮れ。

どことなく春の柔らかさを感じませんか・・・・・

遠くに三遠南信道が見えます。

Dscf2921_2

この道路はどうなるのでしょうか?

「予算が付いた。」という噂は聞いたのですが・・・あまり通る車はありません。

今日は雨。

冬の寒さが和らぎ、三寒四温を経て春へと近づく気配を感じます。

Photo_2

昨年の秋に種を撒いたプリムラが、ようやく花を咲かせました。

こんなやさしい白い花です。

Photo_3

花の少ない寒い季節に花を咲かせてくれるプリムラは、本当にありがたい。

花の色まで確認せずに種を撒き、この白い蕾を見た時は、少しビックリしました。

白いプリムラはあまり見た事がなかったから・・・・・・・・。

あと二鉢花を咲かせてないプリムラがあります。

どんな色の花を咲かせてくれるのでしようか?

とても楽しみです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姿見不動滝の氷結を見てきました。

Photo

清内路にある「姿見不動滝が氷結した.」と言うお知らせを見ました。

しかし、ここ数日の暖かさで、少し解けだしているとか・・・・・・sweat02

今日は、大寒なのですが 「気温は暖かく春の様な陽気」と言う予報に・・・・

あわてて・・・早朝 姿見不動滝 へ行った来ました。

Photo 7時に現地に着くと、気温ー3°

やっぱり寒かったです。

車から長靴と帽子を出し、200mの雪道を歩きました。

すでに、何人か通った足跡があり。

Photo_2

これから、全面氷結するのでしょうか?

今週末からまた寒波が来るそうです。

次のねらいは、その時かも。

Photo_3

氷の結晶。青く輝くんですよね!

Photo_4

最近 寒さ避けに、帽子を買いました。

最近の寒い日には、この帽子と長靴が重宝してます。もちろん手袋も必需品。

耳まで隠れて、深く被ると誰だか分からないのが、決め手です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夕暮れの馬頭観音

Dscf2863 夕闇が押し迫る頃。カラスの鳴き声があたりに木霊し、犬を連れた老人が足早に走り抜けた。

西日の射す小高い丘にある馬頭観音。

久米の日暮は早い。微かな斜陽が思いがけない世界を演出してくれる。

防寒着に身を包み、待つ事30分。短いようで長い..............

一瞬のドラマがくり繰り広がれる瞬間に息をのむ。

あんなに寒かった先週。今日は寒さが緩み暖かい一日になりました。

少し、ホッと肩に入った力を抜いた。もうすぐ暖かい春がやって来そうな予感。

明日は大寒。「一年の中で一番寒い」とされる季節だな・・・・・・

                     撮影・・1月18日  飯田市 久米 馬頭観音

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヘブンス園原のスキー場・・・・・♪

今日は、待ちに待った娘のスキー教室の日。

先週ドッサリ雪が降ったので、雪の量には困りません。

年末からこのスキー教室を楽しみにしている娘は、阿智村にあるヘブンス園原シーズン券を7,000円で買いました。

昨日も朝からスキーですsnow

Photo_2 園原のゴンドラハウスから、1,375mのセンターまで一気にゴンドラとリフトで上ります。

このゴンドラからは、伊那山脈から南アルプスが一望できます。

ですが、高所恐怖症の私は、エレベータとか・・・飛行機とか・・・ゴンドラとか・・・ジェットコースターは全て苦手!

できることならば、歩いて登りたい!

Photo_5

  絶景ポイントのパノラマコース。1,600mからの眺め♪

昨日は、天候もよくこんなに爽快なスカイブルーがスキーヤーを迎えてくれました!

Photo_6最近、スキー離れで、各スキー場も人が少なくなりましたね。

でも、ちびっ子スキーヤーは、僅かな時間で本当に上達します。

年末から5回程通い、もうどんなコースでもスーイスーイ!

大事なのは、練習です・・・・・

コツコツと・・・・!

都会の人からみると、「全て信州人がスキーが出来る」と思っているようですが・・・違います。

南信に住む私がスキーを始めたのが、就職してから・・・・・・。

毎週スキー板を担ぎ、白馬まで滑りに行きました。

それも、泊まり!

最近は、南信にもたくさんのスキー場ができて、本当に助かります♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕日に染まる久米寺のしだれ桜

Dscf2910 飯田市久米にある久米寺(きゅうめいじ)のしだれ桜

「今日は天気もよく最高の夕焼けが見えるかな。」と飯田市久米にある久米寺へ出かけました。

久米には足を運んだ事がない場所。

桜の咲く頃に、このお寺の枝垂れ桜を撮影した写真をよく見ました。

地図を頼りに出かけると・・・・

4時55分。夕日が南アルプスを赤く染め始めました。

久米寺の隣にある池が、この寒さで凍結して、その張りつめた透明感が伺えます。

オート撮影が上手くいかず、マニアルでシャッタースピードを50/1まで下げて撮影してみました。

枝垂れ桜と南アルプスの赤さが印象的でした。

Dscf2880

久米寺の枝垂れ桜が咲く頃が楽しみです。

Dscf2882

| | コメント (6) | トラックバック (0)

杵原で繭玉作り・・・

Dscf2773_2 山本の杵原学校で繭玉つくりが行われました。

地域の応援団が、小学生の子どもを集めて伝統行事を受け継ごう!と毎回いろいろな行事を企画されています。

Dscf2769 「繭玉飾り」(写真)とは、小正月に米の粉で作った繭玉団子を柳や水木の枝にさして飾りつけたもので、神棚に供えるほか大黒柱や天井などにも飾ります。
繭玉団子は一般的には五穀豊穣の願いから繭や稲花などの農作物を模して作られます

(高原社 蚕の広場より)

竹・ビンカ・ソモヨの木に米の粉で作った繭玉や柿の形を作り飾りました。

Dscf2768 

私の家では、昔お蚕を飼っていたのですが、この様な小正月の繭玉作りは行いませんでした。

木々に飾られた繭玉が、白い花びらの様に見えて、キレイなものです。

Dscf2772 雪が残る木造校舎。

Dscf2774校庭にはこんなに雪が 。

久しぶりの晴天で、青空と白い雪のコントラストが眩しかった杵原です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し贅沢な悩み・・・?

Photo

飯田の西部山麓線上は、こんなに雪が積もりました。

まるで・・・・スキー場!

しかし・・・ここは普通の田畑。

もともと扇状地のため傾斜があり、おまけに雪が多い所。

でも、こうしてみると、スキー場として売り出せるでしょうか?

Photo

雪解けの日差しは少し柔らかい。

今日は15日だから・・・一月もすでに半分が終わってしまいました。

☆・・・☆・・・・★・・・☆★・・・・・・・・・・・

今日久ぶりに体重計に乗りました。

年末からの雪かきのせいか、日課になったウオーキングのお陰か・・・・・増減なし。

相変わらず骨ばっていますcatface

「毎日どんぶり飯を食べても・・・・私には ”寒太り”がない。」

これも少し悩みのタネ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雪降りと男の手料理!

Photo

昨日から降り続いた雪が、まだ止まない。

最近雪かきに追われています。トsad

Photo_2

時折,山から日差しが覗くけれど・・・・やっぱり雪。

Photo

除雪車が出て、道の雪をかきますが・・・家の周りは私の仕事。

明日にはこの雪は止むのだろうか・・・・・。

筋肉痛で手足が痛いー

でも来週にスキー教室がある娘にこの雪は、最高のプレゼントですー(v^ー゜)ヤッタネ!!

Pann_2昨年の暮れに、我が家で唯一の贅沢品「パン焼き機」を旦那の希望で 買いました。Pann2

「毎朝焼きたてのパンが食べたい !」と言う旦那。

どうせー3日坊主(○゚ε゚○)

と思いつつ購入。

それから・・・・毎朝パンの食事がスタート!

もちろん  料理長はダンナ。

夜のうちに仕掛けておくと、朝 高級ホテルのような香りが家じゅうに漂います♪

形も味も本当に上手に焼けます。

それに気をよくした旦那は・・・・

Photo_6

ついにメロンパンに挑戦しました。

一見蒸しパンにカビが生えたようですが・・(笑)

確かにメロンパンでした。

今日は、これが子供たちのおやつです。

反応は・・・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

大雪の中で春を感じる時・・・♪

Photo_4Photo

今日は昨日に増して、荒れ荒れ・・の天気snow

153号線も大雪で大変でした。

いえ・・・・ね。もともと雪が多い所に住んでいるので、これ位の雪は慣れているのですが・・・・。

今日は室内でも氷点下1°

だんだん寒さに体が慣れてきましたが、やっぱ寒いです。

Photo_6

こんな雪の中、千代へ行き小ナラの木を切って来ました。

何をするのでしょうか?

うちのトラ猫のために、木登り棒を・・・・・

「おいおい・・・・・だいの大人がいい加減にしろよー」

と言われそうですが、作ってしまいましたgood

Photo_2

そう言えば、先日うちのトラが近所に住む、白黒のかわいいブチ猫♀。(推定年齢6か月)を見かけてトキメキlovelyを感じたようで・・・・

(どんなにご近所のオバサン猫が来ても、近寄らなかったのに・・・・)

あれから外へ出たくて困ります。

そろそろ・・・・トラさんにも春heart02が訪れそうです。

その前にかわいそうですが、チョキンhairsalon

をしなくては・・・・と考えています。

Photo_7

ちょっと.......うわの空のトラです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

年明けの天竜峡と・・・・・

Dscf2452 小正月の行事も3連休もあーという間の終ってしまいました。

あと楽しみなのは・・・・・・・・。

思いつかないほど、忙しい生活が待っています。

一昨日我が家は朝から雪景色でした。

親戚の法事があったので龍江まで出かけら、

こちらでは、雪だったのに・・・・天竜峡は青空eye

天竜峡の展望台から雪景色。をと期待していたのですが・・・・

でも、なかなかの景色ではありませんか?

最近観光客が少なくなった天竜峡ですが、ここからの眺めは最高です。

Photo

つつじ橋

水が深いー。

同じ下伊那でも気候が違うので、服装一つでも気を使います。

Photo_2

桐林にある「藤屋」で、みたらしだんご磯部だんご をお土産に家へ帰りました。

なかなか和菓子屋さんで作る だんご を食べた事がない娘たちには好評!

もっちりとした甘さ控えめなお味がおいしかったですよ。

ごちそうさま!

今日も朝から雪景色。部屋の中での温度計が0°を指していました。

さむ~い!

低気圧の影響で荒れ模様の県内です。

今夜から明日の朝までにどれ位の雪が降るのでしようか?

心配です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

この場所・・・・ご存じですか?

Dscf2446 龍江にある叔父のところへ法事に出かけました。

叔父の家の近くにあるこの場所は、かなり有名な場所の様で多くの人が撮影に見えるみたいです。

私もそんな事とは知らずにこの雰囲気が気に入り、つい撮影をしました。

桜の木かな~。

どなたかご存じだったら教えて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お~つ氷結する滝

Dscf2493  下久堅にある一の滝

下伊那の滝の中では、意外と知られていない滝ではなのでしょうか・・

落差20mの優美な滝です。

Dscf2490 南原のイタチガサワ川の上流のある滝は、沢へ降りると風が冷たく、既に氷結が始まっていました。

Dscf2486 夏になると、川遊びや沢登りが楽しめそうな渓谷ですが・・・・・

かなり水量が多く冬場はpaper

Dscf2507 しかし、アプローチするにはちょっと危険な急峻な山道。

150mの山の中をお尻を擦りながら降り、登りも登山以上の難所です。

150mの滑落しそうな斜面を選ぶか?600mの冷たい沢登りを選ぶか?何れにしても危険な道です。

Dscf2508 立て看板に書かれた「お気をつけて」

の文字が深い意味を示しています。

軽装では行けませんので、登山靴と手袋を持ってお出かけ下さい。

もしもの時に、携帯とかも・・・

(でも、行かない方がいいですよ)

秘境と呼ぶに相応しい、貴重な滝を見られて良かったけれど・・・・疲れました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風になびく・・・・・

Dscf2422 飯田市下久堅南原にある文永寺にお参りに出かけました。

遠くに風越山が綺麗に見えた今日。

「ワイワイ・・・・ガヤガヤ」と大勢の人が集まっていました。

ちょうど どんど焼き の準備をしている最中。

Photo

お寺の隣の集会所から子どもが嬉しそうに出て来てビックリしました。

2・3歳の子どもから中学生までが集まり、大人と一緒に作業をしてます。

Dscf2401

竹竿張られたテープが風に靡いてキレイ!

ダルマをこの様に繋げるとまた感じも違います。

Dscf2427 とても大変な作業ですが、「キャッキャー」とした笑い声が響いてました。

点火はいつなのでしょうか?楽しい光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我慢する心

Photo_6

初売りでカメラを見に行きました。

当然買えないことは分かってはいるのですが、一眼も安くなりましたねー。

キャノンやニコンでも6万円からの一眼レフを出しています。

車と写真のアドバイザーのOさんに相談したところ。

やっぱり一眼は違うとの見解。同じ被写体を撮影するにも、画素数が違うので美しいとか・・・・。

今の富士のカメラ。よく使っています。

手とって見て感心していました。

「こんなに使えば、元はとれたでしょう?レンズでは富士はなかなかいいよー」

と慰めるように言いますが・・・・・。

シャッタースピードの調整はできるのですが、露出には限界が・・・・。

そうですね・・・・・・絞りがF8までしかいかない。

滝の写真も夕暮れに、意外に美しく撮影できるのは周囲が明るすぎないせいかもしれない。

しかしシャッタースピードは、指示のあった30/1では雰囲気が出ず、4/1まで遅くした。

こんな作業をしていると、現場でかなり時間を費やしてしまう。

試行錯誤の繰り返しで偶然にもいい写真が出来ると本当にうれしい。

最近柿の写真が多い。この柿の大木は桐林で見かけた。

もっと広角を使うとよかったかなーと思うけれど、残り柿と黄昏時のアルプスの感じが好きです♪

田舎の冬景色。この柿が全て落ちてしまわない内に、もう一度撮影してみたい。

うん・・・・・・悩みながらも・・・・がまん!

かなり・・・・欲しいけれど我慢!

春になり山へ行くようになると、いいカメラが欲しくなるけれど・・・・・。

ひたすら我慢する事を自分に言い聞かせています。(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秘境 臼井川 の岩石群

Photo

桐林は天竜川の北に位置する大地。

南アルプスが一望でき、大型店もたくさんあるため、本当に便利なところ。

前回でも紹介しましたが、雪が少なく住みやすい場所です。

先日行った 秘境 臼井川 の続編。

桐林を秘境と呼ぶには、あまりにも交通の便がいいため躊躇うのですが、

ここ臼井川の上流は、意外にも意外・・・・・「秘境」なのです。

Photo 黄金ヶ滝を過ぎて、さらに山道を登って行くと、いくつかの岩石群が見られます。

Photo_2 座頭の手跡 

「これは、座頭の手ではなく、水流による浸食でできるポットホール

では・・・?」

同行者のながーい説明が始まりました(*^m^)

・・・・・・・

     ・・・・・・・・・・・・

ちょうど、その浸食した部分が手の形の様に見えるためにこの名前が付いたのですね。

Photo_3

頂上に着くと、お社があります。

「愛染明王」は、愛情貧染 の心を全て清めて下さる明王様。

一般的には、美貌を授けて下さるとか・・・・

ほっほおー早く来ればよかった~。

good

そうそう・・・・・・忘れていましたが、縁結びの神様だそうです!

もしお望みの方は是非お越し下さい。

Photo_4

高砂岩

こちらから見ると・・・・・・あれ(笑)sign02

Photo_5

反対側から見ると・・・・あれnote

想像してみて下さい。こんな山奥にエッチな・・・・この手の話題はオヤジギャグなのでcoldsweats01

ここを抜けると、桐林のペットボトル工場でした。

この一角と工場地帯とが、隣接している 秘境白井川 でした。

新年に決めたウオーキング。家の周りをグルグル回るだけでは面白くないので、少し足を延ばそうと思います。

次のウオーキングの場所は未定ですが、週に2日は1時間の山歩きを楽しみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どんど焼きと七草粥

Dscf2366

早いモノで、今日は7日。今年一年の無病息災を祈り、七草粥を食べる日。

今朝の朝焼けは不気味なほど、綺麗でした。

朝4時半から起きているちぶすは、どんど焼き七草粥の準備で大忙しでした。

Dscf2354_2私たちの地区では、朝6時にどんど焼きの行事が行われました。

火の神様のお祭りとあって、迫力があります。

Dscf2358 ぼーぼーと音を立てて・・・・・キャツ!

Dscf2362 それぞれの家庭から持ち寄ったお餅を焼きます。

火の勢いがいいので、顔まで熱くなり、赤く膨らんでしまいました。

Dscf2344  七草粥と、どんど焼きで焼いたお餅で朝食です。

今は、春の七草を探しに行く暇がないので、

お店で買って来た パック を利用します。

昨年頃から、体調がよくなったちぶすは、どんど焼きに参加するのも、今年で二回目です。

Dscf2370 どんど焼きの火にもあたり、七草粥もいただけたの

で、今年一年また健康で過ごせそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秘境臼井川・・・黄金ヶ滝

Dscf2307_3 Dscf2314                                                                             飯田市桐林にある 秘境臼井川  にある黄金ヶ滝 へ行ってきました。

昨年の暮れに道に迷い行けなかった場所。

夕暮れ時の滝は、白く輝き幻想的な雰囲気でした。

Dscf2310_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どんど焼きの準備

Dscf2270 冬休みの子ども会の行事で、どんど焼き の準備をしました。

この辺では、正月に飾られた松飾りを集めて、このどんど焼き燃やします。

小正月に行う所が多いのですが、うちの地区では、7日に行います。 

雪の中の作業は、ほとんど親の手が必要なので大変。

私の地区はお陰に人数が多いのでこんなに大きな塔ができました。

7日の朝の点火が楽しみです。

Dscf2274どんど焼きの準備を終えて、少し歩いてみると、もう梅の花が咲き始めていました。

春の準備は、早くも始まっているのです。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

介護の大変さ

Dscf21721 今日から仕事始め。

通常の生活に戻り、少し家の中が静かになりました。

年末から新年にかけて、施設にいる義母が帰ってきました。

義母は、足が動かず、ほとんど車イスで生活をしています。もちろんトイレにも自分の力ではいけません。

施設にいる時は、介助者がいてポータブルトイレを使っていますが、家に帰って来ると、なかなかそこまでの援助ができず、オムツをあてています。

一日に3回ほど、主人がトイレに引きずって行くのでが、これがなかなか大変な作業で、4日間この作業を続けて腰が痛くなってしまいました。

それでも、オムツからオシッコが漏れて何度も洗濯をする毎日。

部屋中にオシッコの臭いが充満してまさに、介護の臭いとなります

以前は本当にこの4日間がとても苦痛でした。

でも、今年は、なぜかそんな臭いも「仕方がないのかな・・・・・」と思えるようになりました。

「悪いな~」と呟く義母に、顔や手を拭きながら「いいんだに・・・」と言えるようになった自分の心の変化に少し驚いています。

施設へ帰る時に、車から顔を覗かせた義母が、笑顔で

「また来るでな!」と言った言葉に救われました。

私もホンの少し、義母に喜んで貰える事が出来たと思うと、すごく嬉しかったです。

年を取るという事は、こんな 老い という事を受け入れて行くことなのだと感じます。

ですが、この生活を毎日続けていたら、きっと 行き詰ってしまうだろうな。

介護とは、本当に大変な事です。

Dscf2263 義母を送る出した後、夕暮れ時に、主人といつものウオークングへ出かけました。

長く健康で生活するために、今年は二人で歩きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カラスウリの実

Dscf2247 Dscf2252 Dscf2254 Dscf2251

今日でお正月も終わり。

明日から仕事が始まります。

飯田市羽場坂にある日産へ福引きに行きました。

「運を天に任せたて」・・・・・・えい!と回したら はずれ。。*

いいさ・・・・こんな事で運を使わないように””:

羽場坂の急さかの廃屋に、たくさんのカラスウリの実がなっていました。

秋からずーと探していたのですが、これもラッキーなです。

こんな近くにあったのですね。

Dscf2257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年を迎えた棚田

Photo

明けまして おめでとう ございます。

昨日までの雪がウソの様な一日。新年を迎えた飯田市千栄の棚田の風景です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »