« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

いつでもどこでも見える

Photo_7  休日は忙しいです。

朝から、飲み会の旦那を送り届けに飯田駅へ行きました。

飯田線を走る電車は、こんな色の電車が多いです。車両も一両編成のものもありますが、ほとんどは二両編成。時に三両もあると、ビックリします(eye)

久し振りに飯田駅から風越山(ふうえつざん)を見ました。

Photo_8 丸山町から、見る風越山はこんな感じに見えます。手前が虚空蔵山1130m。一番奥が風越山1530mです。

Photo_9 北方から見るとこんな感じに見え、山の奥行を感じます。

毎年、元日には初日の出を拝みに、この山へ登る人がいます。

今年は、ちぶすにとってちょっとよい年でもあり、少し悪い年でもありました。来年の願いを込めてこの山へ登ってみようかと思います。

Photo_10 阿智村の伍和

ここからでも、遠くに風越山を見ることが出来ます。

一日じゅう旦那と娘の送り迎えで終わる今日この頃。タクシー代わりに料金設定でもしたい気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

露出補正

Dscf1560 ススキ。

晩秋の日を受けて、露出補正を行い撮影しました。

やはり逆光の輝くススキはキレイ。日本の四季を感じます。

Dscf1565

カメラは奥が深い。これから勉強です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ねえ見てみて・・・・♪

Dscf1528 飯田駅のアイパーク。

Dscf1523_2モニュメント

Dscf1526  アイパークに回収した空き缶で作ったモニュメントがあります。

「ゆとりのある町を市民の手で築こう」の願いで作られました。

Dscf1527 ここにも、猫作家の作品が飾られています。

「空を飛ぶ猫」

こんな猫が存在するなんて、思ってもみませんでしたが、

猫は本当に不思議な生き物

です。

Dscf1520 Dscf1511 Dscf1553                   

寝る時は、人間と同じ仰向けに寝るんだDscf1556よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の黒船桜

Photo_3 清内路の黒船桜。

春には、美しい花を咲かせる黒船桜も、秋から冬へと姿を変えていきます。

春は、もちろん大勢の人で賑わいますが、この時期カメラを構える人がいます。

「晩秋の黒船桜もいいよ!」

こんな言葉に誘われて写真を撮ってみました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

備えあれば・・・・

このところ下伊那でも、新型インフルエンザが猛威をふるっています。

そういう我が家でも、娘が頂いてきました。

娘(中学生)の新型インフルエンザ罹患の記録を追ってみると、

1日目 

     最初 学校から帰って来て寒気を訴えました。その時のは、36.4°

     とにかく・・・微妙な熱sign02coldsweats01 食欲もあるので普通にお風呂に入り寝ました。

     この時点であやしいな~sad

2日目 

     朝  一言「痛い。」・・・・たぶんこれは、節々が痛い事だったかな?

      熱  36.7°

     ごろから・・・体がだるくなり、ゴロゴロとした生活。この時  37.2°

     夕方・・・・やっぱりだるく食欲がない。   37.6°

   ここで、休日当番医 へ電話faxto 「受診しても、簡易検査が出ないので、明日かかりつ      け医に相談して見て下さい。」と言う指示。

   一晩様子を見る事に。スポーツ飲料を飲ませて寝かす。

   かなり・・・不安coldsweats02

3日目  

  朝 かなりだるく のどが痛む  咳もあり  食欲なし。 熱 38.2°

  病院へ直行sign04dash 

  普通に受付し、マスクなしのドクターや看護師さんの温かい対応。

  簡易検査(A陽性flairでタミフル5日分が処方されました。

  (注意)1 薬は耐性菌ができないようにしっかり飲むこと。

      2 タミフルによる?異常行動に備え、2日間は目を離さないように。

  ドクターからの指示

  出席停止期間は1週間。(熱が途中で下がっても、薬の性。7日間は感染を広めない      ために家で休み)

   家に帰り、スポーツ飲料を少し飲み、寝る。食欲がないので、うどんを煮込み、一筋       食べさせて、薬を飲ませました。

  体がだるく、寝る事も出来ず、機嫌が悪いな~。

   うどんの汁を少しすするが元気がない。薬

  夜 おかゆ をごはん茶碗半分食べるけれど・・・  38.3°

   ム…bearingまだ熱があるな~。

4 日目 

   朝は少し元気。食事もお粥をごはん茶碗に1杯食べる。37.4°

   顔色もよくなったので、安心。

  少し本が読めるほど元気になりましたが、咳が残りコンコン・・・。

  夕方には、も 36.6°になり、普通の食事に。

ここから日に日に元気になり、勉強を家で少しする生活。食事も昼は自分で作り食べれました。

Photo_2

インフルエンザ対策の購入した、マスクと手洗いグッズとアルコール消毒。

毎日、このマスクをつけて、シューシューと消毒をして歩いてました。そのお陰か?家族感染はなかったです。

いろんな報道を聞くと不安になりますが、身近で罹った人達の話を聞くと、思ったより早く回復し、元気だったと言う感想。(でも、やっぱり個人差があるので・・・)

でも、地震と同じですが、普段から、こんな時のために、グッズを揃えておく事が大事だと痛感しました♪

非常食に鍋焼きうどんを5食分買いました!これも便利ですよ。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとモデル気分

Dscf1455_2 ちょっとモデル気分です。

うちのトラ。猫の中でも野生に近いキジトラ仲間。捨て猫もすっかり我が家の一員です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠い昔を思い出す町並み

Dscf1310 飯田市街地にある仲ノ町

昔ながらのモダンな建物が点在します。

ここは、下伊那教育会館。この建物は結構有名なのか?平日遠くから写真を撮りに見える方がいます。

確かに洒落た建物です。

Dscf1311 この玄関の奥には、郷土の国語学者 西尾 実 先生 の銅像があります。

Dscf1314_3 旧 高野産婦人科医院

とても、ダンデイーなドクターが開業されていました。今はお亡くなりなってしましましたが、この建物によくマッチされた品のある方でした。

今もこの建物の隣には、先生が乗っていらしゃったベンツーが置かれています。

Dscf1313 仲ノ町の町並みは、昔ながらの面影を残す一角。

道が狭く、車ですれ違いには苦労しますが、ここの町並みが好きな場所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天竜峡を楽しむ

Dscf1366 今日は組合の紅葉狩りで、天竜峡へ行きました。

久しぶり見る天竜峡は、いい眺め

いかがですか?ここは、遊歩道の展望台です。

Dscf1389_2

吊り橋。

もみじの赤さがよく合います。

Dscf1391 龍角峯(りゅうかくほう)

峰竜太さんの名前はここから銘々されました。

この切り立つ岩は絶景。

ここを対岸から見ると、あまりの豪快さに足が竦みます。

Dscf1387 幸せの鐘。Dscf1380

昇龍泉

一口飲むと出世しますよ!

秋の天竜峡は、観光バスが入り、賑やかでした。こんなに名勝がたくさんあるので、是非お出かけ下さい。

Dscf1400遊歩道一周・・約1時間です。いい運動になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空がキレイな日

Dscf1258 飯田市久米城山からの日の出

三連休の今日。早朝に旦那は、知多半島へ旅行に出かけました。

あまり早く起きたので、見送りがてら久米城があった城山へ登ってみました。

6時45分。空は輝きを増していますが、日の出には早い様です。

随分日の出が遅くなりましたね。

Dscf1267

Dscf1318 飯田市伝馬町。

このあたり一体は銀杏並木がキレイです。

郊外の銀杏はもう散りかけですが、ここだけはまだ楽しめます。

Dscf1326 今日は、空がとってもキレイな一日でしたね。

こうして空をみると、青い気流に吸い込まれそうです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高台から.....

Photo 今朝はすごい冷え込みで、霜が降りました。

確実に季節の移り変わりを実感します。

阿智村伍和(あちむらごか)にある大鹿地区は、南アルプスの展望には最適な場所。

道の立て札にも、ホタルと南アルプス展望と書かれた文字が目につきます。

雲海が煙る景色を見ると、高台に住んでいてよかったなと実感します♪

Photo_3 この道沿いにも千手観音があります。

Photo_4 昨日午前0時。ボージョレーヌーボーが解禁になりました。

早速、酒好きの旦那が昨夜買って来ましたが、今朝になったら、既にカラsweat01

一晩で飲み干しました。

私もグラスに一杯いただきましたが、う~ん若いな~!

今年は、フランスのぶどうが豊作で値段が安かったそうです。

ワインの味がわからないちぶすには、どんなワインを飲んでも同じですが、外国の銘柄にはかなり弱いです。

でも長野県では、「塩尻の吾一ワインが最高さ!」と言う人がいます。値段と日本人好みの味からするとかなりおススメですよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

晩秋の紅葉

Photo_8

今日も寒い一日でした・・・・。室内の温度もあまり上がらずストーブ生活です。

先日行った杵原校舎のハナノキ。

画像がキレイだったので遅ればせながらアップします。

Photo_7

Photo_12    

この校舎も吉永小百合さん主演の「母べえ」で全国的に有名になったけれど・・・

この廊下を吉永小百合さんが歩いたと思うと、また格調高く感じられます♪

うちのトラがお腹を壊し、おそそをしました。

猫にもインフルエンザが移るのでしょうか?

トラは、おそそをしたシーツを丸めて隠していました。

猫でも恥ずかしい事があるのですね。

反省しているので、あまり怒りませんでしたが、トラが病気になったらどうしましょう~。

心配です。

Dscf1222

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そして・・・・

このところの寒さで、そろそろ初雪のたよりも聞かれそうな、南信州です。

新型インフルエンザが蔓延し、各学校でも、学校閉鎖や学級閉鎖でてんやわんやsweat02

娘もインフルエンザにり患し自宅で、休んでいますsleepy

出張やそんな騒ぎで、なかなかブログの更新が出来ませんでした。インフルエンザも世間で言われているわりには、症状も軽くタミフルがよく効きますnote

白川郷の続きの写真がたまっていますのでアップします。

Photo_2 明善寺郷土館

天台宗建築様式をくむ、鐘桜門。

約230年前に建てられた珍しい茅葺の庫裡です。

Photo_3 障子をあけると、そこにも古き町並み。

Photo_4 店先にはとうがらし。

Photo_5 飛騨料理もイケます!

ちゃんと飛騨牛が三切れ載ってますよ~。

Photo_6 白川郷の清酒。

結心

我が家のトラも、これでイッパイです(笑)

旅はいいもの。

職場の団体旅行では、それぞれの行動パターンによって、いくつかのグループに分かれます。

旅先でのんびり楽しみたい人。

お土産をしっかり買いたい人。

数々の名所を回りたい人。

私は、最後の集団に入りましたが、まだまだ堪能はできません。白川郷を深く知るために、あと2・3回は訪れたいですね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本の原風景を訪ねて

Dscf1093_2世界遺産の一つ白川郷を訪ねました。

荻町城跡展望台からの眺め。

飯田を朝6時半に出発して、中央道から東海環状を経由して東海北陸道で白川インターまで約3時間半。

長い旅ですが、この景観を見た途端、疲れが吹っ飛びました!

Dscf1091紅葉は、少し終わりかけでしたが、114棟の三角屋根が並ぶ景観は、心を落ち着かせてくれます。

Dscf1098 建物の多くは、世界遺産となった今でも変わらず生活空間として利用されています。

生憎の雨上がりでしたが、空気が澄み切り、鮮明な写真が撮れましたscissors

Dscf1097庄川。

Dscf1129 和田家。

300年の歴史を誇る家屋は、白川郷一の大きさです。

白川郷は、昔から何かの写真集で眺めていました。雪が降り、ライトアップされた合掌作りの印象が強かったのですが、紅葉の時季もまた味があります。

丁度、知り合いで白川郷をこよなく愛する人がいたので、今回の旅行へとつながりました。

確かに、リピータになる気持ちが分かります。

どこか静かな日本の原風景は、心を落ち着かせます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

木造校舎とイチョウの木

Photo

知り合いのホームページに、有形文化財になっている旧山本中学校跡のイチョウの木が公開されていました。

Photo_2

木造校舎と黄金色のイチョウの輝きは、ノスタルジックな雰囲気。

Photo_6 この校舎は、今でも地域の活動に使われています。

Photo_4

時は既に遅く。辺り一面イチョウの絨毯で覆いつくされて。

過ぎゆく秋を感じる一コマです。

Photo_5

来年またこの場所で会いましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トンネルの向こう側に

Photo_2  トンネルの向こうに広がる秋。

南信は、山が深いためにたくさんのトンネルがあります。

トンネルを抜けた瞬間。思わぬ風景が目の前に現れ、ドッキっとします。

紅葉に輝く世界が・・・・・・

かの有名な作家 川端康成が書いた「雪国」。

この小説もこんな体験から生まれたのでしょうか?

この夏、近くに住んでいた一人暮らしの老人が亡くなりました。

同じ組合だったのですが、誰一人としてその死を知る人はいませんでした。

暑い夏の日。庭に植えれたノウゼンカツラが美しく咲いている所に、大きなトラックが来て荷物を運び出していました。

不思議に思いながらも、素通りしていたある日。風の噂で、その老人に死を知りました。

顔を合わすだけの、その老人の死が、なぜか深く心に残りました。

トンネルの向こうの世界へ旅立っていた老人は、あの紅葉の様な美しい世界をさ迷い歩いているのでしょうか。

いろんな思いが連想されます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヤーコンを作りました。

Photo_6 笠松山が見える畑で、ヤーコンを栽培しました。

ヤーコン?名前はどこかで聞いた事があったのですが・・・・・はて?どの様なものなのか実際に見た事も、食べた事もありませんでした。

「なんでヤーコンなんて作るの?」と友達に笑われましたが、旦那が野菜の苗を買いに行きヤーコンの苗を何か?と間違えて買ってしまったわけで・・・・scissors

でも、すーごく大きくなりました!

Photo_7 収穫の時期がやや遅かったのか、葉の部分は霜にやられて枯れてしまっていました。

この葉の部分を乾燥させて飲む事を知ったのは・・・最近のこと。

残念です。

さてお芋の部分を使って早速お料理です。

ネットでヤーコンの話を検索しました。

フラクトオリゴ糖がたくさん含まれるヤーコンは、血液サラサラな効果や、お腹の善玉菌を増やす効果があり、ダイエットにもいいとか!

なかなかの優れものです!

ちぶすの家では、ヤーコンのサラダを作って食べました。

★ヤーコンサラダ

準備するもの

   きゅうり     セロリ     ヤーコン  塩こしょう   マヨネーズ

・ヤーコンは千切りにして茹でます。

・セロリときゅうりも千切りにします。

・3つを混ぜて、塩こしょうで味を整えてマヨネーズで和えたら出来上がり。

ヤーコンは自己主張の少ない味で、シャキシャキとした食感です。

うん!なかなかおいしい!!

娘達も喜んで食べました。

ヤーコンを作った事を笑ったお友達におすそ分けすると・・・・とっても複雑な顔をしてました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大事なお仕事

Photo

このところ晴天が続きますね。

秋の行楽日和といったところでしょうか?

リンゴと風越山(ふうえつざん)を撮影してみました。

Photo_2

ちぶすの実家は、りんご農家。

主にふじを作っていますが、昔は紅玉やスターといった品種をたくさん作っていました。

紅玉は、りんごのジャムにすると美味しい酸味のあるリンゴです。

でも、今は、甘く長期間保存が出来るふじに人気が集まり、需要も多いです。

Photo_3

今年は、台風17号の被害もあり収穫が心配されましたが、無事に実をたくさん付けました。

もうすぐ収穫。

これから年末にかけて、りんご農家では柿やりんごでとても忙しい時期を迎えます。

Photo_4 我が家に来た新参者の、トラ(名前がまだないsad)にもお仕事ができました。

昼間は、爺ちゃんちに行き、りんご畑で、じいちゃんの話し相手をしたり、ネズミ捕りをします。

トラ(仮名)はオス猫でとてもすばしっこい、。動くモノを見るとすぐに飛びつきます^^:

Photo_5 夜は、シャワーを浴び、みんなのお膝を渡り歩く生活をして、ここ4日程で随分丸く福々しい顔になりました。

(しかし添い寝をしないと眠れませんが・・・)

でも、明日のお仕事の備えて8時には、お布団に入りますニャン!

”猫の手も借りたい”ほど忙しい時期なので、トラの存在はありがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい家族だよ・・・!

Dscf0975 11月に入って夕日に照らされ南アルプスが少し赤くなりました。

これから寒くなると、どんどんこの赤さは増し、本当に美しくなります。

飯田市北方から眺めた飯田市内。(ちぶすの絶景スポットです。)

Dscf0974 柿の収穫もまっさり。柿の木の紅葉も今が一番キレイ。

Dscf0955 我が家に仲間が増えました。

捨て猫のトラ。生後2ヶ月だと思われますが、不明。

とてもお利口な猫さんで、オシッコも決まった場所で出来ます。

この猫が来て、まだ2日ですが、家が少し明るくなりました。ペットの力は本当に凄いです。

見ているだけで、癒されます。今もお膝の上で、パソコンを見ています。多分自分の記事が紹介されている事を喜んでいるのかな。

でも、ちぶすは猫の飼い方がよくわかりません。

これから、大変です。

Dscf0978ぼけていますが、ご挨拶します。

早く名前を決めなくては・・・・・!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

昼神温泉の紅葉

Photo

阿智村の昼神温泉の紅葉がキレイです。

この時期観光バスがたくさん入り、温泉街をプラプラと歩く人の姿が見られます。

この姿だけ見ていると不景気なんて感じません。

でも、近くに住んでいるちぶすでも、この温泉旅館にはあまり縁がありません。

Photo_3

空が青いと紅葉が一段とキレイに感じます。

Photo_4

赤いモミジもいいな~

Photo_5

少し色に変化のあるモミジも最高です。

週末を迎えました。急に寒くなり、朝晩の寒さが応えます。

初雪ももうそろそろ降りそうな予感が・・・。

ココログさんのブログを初めてやっと一年チョイ!

毎日更新する事も、なかなかズクがいりますが・・・・季節の覚書にしています。

去年は、今年より暖かくて紅葉が遅かったのかな~。とか・・・

結構いろいろ分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

評判のお店・・・・

Photo_3

昨日の南信州に山本の二ツ山にある花の木の記事が載っていました。

あわてて・・・・

時期を逃してはいけないと・・・・・今朝早く家を出て寄って見ました。

うん~鮮やかな赤。見事です!

しかし、3日の寒さで色がわずかに褪せていました。

あと・・・3日早くここへ来ていれば、きっと美しい花の木の紅葉が見られたと思います。

Photo_4

伊那市の農道沿いにある「グリーンファーム」

ここは、新鮮なお野菜が大変安く売っている評判のお店です。

Photo_6

普段でも口コミ客が多いのですが、休日となるとガヤガヤの店内です。

Photo_7

ちぶすは伊那方面に用事がある時は、必ずこのお店に寄ります。

こんなにお野菜を買ったのですが、ねらいはやなぎだけ

Photo_8

乾燥させて売っているやなぎだけを水でもどして使います。

以前にも紹介しましたが、この臭いは強烈!!

でも、味は最高です。

Photo_9

しめじやシイタケに比べて味が濃い感じですが、煮物料理によく合います。

そうですね~大根と豚肉と厚揚げなどと煮込んでみてください。

色的には地味ですが・・・・(笑)

お酒の友と呼んでます♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

素敵な人

Dscf0894

Dscf4550 伊那市にあるはら美術で、今月の8日まで飯田市川路の出身の牧内則雄さんの個展が開催されています。

飯田から伊那まで高速で、30分。滞在時間20分のとんぼ返りで行ける距離になりました。

牧内さんの最近戸板に花を描く、風鳥花月は本当に素晴らしい。 

一見、日本画のようですが、実は油絵。

Photo 一輪の花を丁寧にに描いた作品は、見る人の心を動かすものばかりです。

今年の初め飯田の創造館で地元での初個展をされ、多くのファンがまたまたできました。(私もその一人)

近くで個展があると、どこへでも飛んで行きます。(おっかけですか・・・)

(牧内ご夫妻)絵も素敵なのですが、その気さくな人柄にも惹かれます。

こんな素敵なご夫妻と記念撮影ができ、本当に幸せなちぶすです。

Photo_2

i伊那市から見る南アルプスは、また違った感じ。

昨日の寒さでほとんどの山が白くなりました。

Dscf0914

穏やかな田園風景。

秋の刈り入れも終わり、もう冬の準備が着々と進んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イチョウの輝き

Dscf0853 文化の日の今日。とっても寒い一日になりました。

冬型で、北の方では雪が降ったようです。

飯田は晴天なのに、風が冷たい~typhoon

セーターを早くもひっぱり出し着込みました。

飯田の創造館にある銀杏の木

Dscf0857

ここの銀杏の木は、ホントに黄金色に輝いているのです。

Dscf0858

でも、でも・・・・・

この時期だけは、どうか車は別の場所に置いて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色鮮やかな花の木

早くも11月です。カレンダーをピリッと破いたら、もう残り二枚になっていましたeye

「今年も、あと二枚で終わりか・・・・」

ふと溜息。

Photo 昨日の雨の予報が少し外れたので、山本にある天然記念物の「花の木」を見て来ました。

なんと、こんなに色づいてビックリしましたwink

長野県 天然記念物の指定になった花の木。

体長23メートルとあって、本当に豪快なイメージがあります。

巨木であるため、全体像をカメラに収める事が難しいのです。

Photo_2

天気が良い日には、こんなに鮮やかな色合いが楽しめます。

確か昨年のブログ天然記念物の花の木でも紹介しましたが、今年は10日程紅葉が早いようです。

Photo_3

楓科(かえで 科)の属する花の木の紅葉は赤く。芽吹きの頃の新葉も赤い。

この一瞬の美しさを愛する多くのファンがいます。

この時期は、遠くからわざわざ訪ねに来てくれます。

ちぶすも花の木が大好きで、ついつい庭にその苗を植えてしまいました。

確か5年ほど前に購入したものですが、その成長は著しくニョキニョキと大きくなり、今では娘の身長を追い越し、そして私の身長も追い越し・・・・旦那の身長も追い越しってしまった。

こんな調子で成長していったら、天然記念物なみの大木になってしまうので、今年の春、頭をチョキンhairsalon.

でも、彼女(花の木には、雄木と雌木があります。)は元気です。

昨夜の雨で、少し散ってしまったかもしれませんが、たぶん明日頃までは大丈夫でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »