« まぶしいぐらいの夕暮れ | トップページ | 日食と山寺の周辺の花々 »

山寺の戒檀不動明王まで歩こう!

最近北海道の大雪山で遭難があり10人もの方の命が失われました。

なぜか・・・こんなニュースを聞きながら、今年の夏は健康づくりに、トレッキングの靴と服を用意しました。

Photo Photo_4

今の靴や服は随分性能がよくなり、軽くて通気性がよくなりましたね。

おまけにオシャレ!

納得のお値段ですnote

さっそく・・・・・・・・・・ウオーキングへ!

高森町の山寺として有名な隣政寺へ行って来ました。

Photo_5

ササユリの群生地として有名なお寺ですが、もう時期は少し遅かった。down

でもアジサイはこれからがピークかな?

Photo_7

山寺から1.4K山奥の戒檀山の不動明王を見るために山を登る事約40分。

この看板が見えて来ました。急な山道と途中から大雨rainrain。遭難かとかなり不安に・・・・。

完璧に登山ですsad

Photo_8 Photo_9

道沿の観音様のもとに、置物・・・・・・・・?

と思っていたら、本物のガマガエルdash

あんまり驚きすぎて、ピンボケです・・・・・・・(笑)

でも、動かな.い...........のだeye

Photo_10

赤い建物の奥に不動明様がいらしゃいました!

確かに石の彫られた明王の顔は、なかなかの迫力good

Photo_11

さらに奥山に登ること10分で山頂。

息を切らし登頂成功heart04

Photo_12

木の芸術。オブジェ!

この絡み合いはスゴイ!

角度を変えると蛇の絡み合いにも見えるし.......。

このオブジェをご覧頂くには登ってみて下さいup

この山頂から、更に上ると、吉田山へと続きます。地元の高森南小学校の児童は、この吉田山まで、遠足へ行くからスゴイです。

初心者でも、結構キツイ山道でしたが、頂上からの眺めは最高。

だから・・・・登山者が多くなるのですね。

これからは健康のために少しずつ歩こう!

|

« まぶしいぐらいの夕暮れ | トップページ | 日食と山寺の周辺の花々 »

高森町」カテゴリの記事

コメント

ちぶすさんへ、私は21日山の寺まで行きました、残念ながら参道のアジサイには時期が少し遅いようです。戒壇不動はすいぶん昔に行った事があります、木のオブジェは迫力がありますね。

投稿: tenten-3 | 2009年7月21日 (火) 18時00分

え!あと10分で山頂だったんですか!
行けばよかったな〜。
本当に山登りは怖い部分もあるな〜と実感させられる事故でしたね。
山は「慣れてるから大丈夫大丈夫と思わない事」を大切にしなきゃです。

投稿: やや | 2009年7月21日 (火) 20時18分

私も小学校の遠足で風越山に登りましたhappy01
学生時代に名古屋の友達に言ったら
「それは遠足じゃなくて登山だ」と言われましたcoldsweats01
遠足ってバスで行くものだそうで・・・・coldsweats01
しかし、この木のオブジェはすごいですねえ
自然ってすごいgood

投稿: 貧乏マダム | 2009年7月21日 (火) 21時16分

これからは健康のために少しずつ歩こう!< 良い事ですね。
山歩きは私も昔は経験しましたが、今では過去の話しとなりました。頂から眺める景色は絶景だから、また行くのが山なんです。
でも、無理されないよう気をつけてください。

投稿: peco | 2009年7月21日 (火) 21時16分

tentenさんへ
今回は境内のアジサイも楽しみに出かけたのですが、残念ながらまだ蕾でしたねdown
ここのアジサイは他よりも遅い感じです。来月あたりが見ごろかな。

投稿: ちぶす | 2009年7月22日 (水) 09時12分

ややさん
せっかくあそこまで行ったのですからもう一歩でしたねscissors
でも、そこからがまた大変な登り坂で閉口しましたwobbly

美しいモノをみるには、体力もいりますね!

投稿: ちぶす | 2009年7月22日 (水) 09時14分

マダムさん
小学校の遠足で行き、高校のマラソンで登り。風越山は身近な山ですが、完全な登山ですねsad

都会の遠足がバスなのも納得出来ないな~。
でも、都会人はよく歩くから許せます。

投稿: ちぶす | 2009年7月22日 (水) 09時20分

Pecoさん
山頂に登る苦労と、絶景を見た感動とどちらをとるか・・・・。
辛い山道ですが、絶景は捨てがたいですね。

体力もつくし、元気になれそうな気がします。

投稿: ちぶす | 2009年7月22日 (水) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091398/30634140

この記事へのトラックバック一覧です: 山寺の戒檀不動明王まで歩こう!:

« まぶしいぐらいの夕暮れ | トップページ | 日食と山寺の周辺の花々 »