« 山椒の実がなる頃 | トップページ | 最高のモデルさん »

薬師堂だより

Photo

長い上り坂を登りつめるとそこに民家があります。

「もっこおばさんちだ!」

近所ではみなそう呼んでいるみたいです。

家の周りに畑を作り、暇があれば、そこへ行き野菜の手入れをする姿は私たちが昔から見てきた風景だったような気がします。

無理もなく自然の赴くまま生活していたら、こんな歳になっていました。

佐久総合病院に勤める医師 南木圭史さんが書いた「阿弥陀堂だより」の一節にこんな言葉があります。 

日が昇れば土に触れ、日暮れとともに眠る。自然の中で生活するという事は、無理なく生きていく事なんだとつくづく感じます。

Photo_2 泰阜村の薬師堂

鎌倉時代に建てられたもので、薬師如来が安置されています。

赤い独特の屋根が目を引きます。

Photo_3

この薬師堂は、地区の方の手によってキレイに整備されて、何かの時にはそこ寄っては手を合わせ今日の健康や安全に感謝する。

村の一角にある薬師堂は、深く心の支えになっているように感じます。

Photo_4

昨日いよいよ梅雨が明け。本格的な夏の到来です。

どこか雲も夏バージョンになりましたね。

いよいよ南信にも暑い夏がやってきます。

|

« 山椒の実がなる頃 | トップページ | 最高のモデルさん »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

ちぶすさんへ、地元の方が大事にされている場所には思いがこもっていると思います。そういえば先日BSで「阿弥陀堂だより」を放送していました、以前飯山周辺に何度か行って事もあり、改めてみて感動しました、余談ですが映画の中でも出たと思うのですが木島平の「馬背温泉 望郷の湯」の展望はお勧めです(混雑していると思いますが)。

投稿: tenten-3 | 2009年7月15日 (水) 19時26分

ちぶすさんの南信便り、とても有意義に観させて貰っています。
その土地土地の風土が写真と共に語られ、私の出稿にも大いに役立っています。山椒の実もそうですし、貴重なネタとして重宝させて頂いています(o^-^o)
そうだ、ちぶすさんをクララのお友達リンクさせて貰いました。
ご承諾いただく前に、勝手にリンクしましたことお許しください。

投稿: peco | 2009年7月15日 (水) 21時16分

tenten-3さん
阿弥陀堂だよりいいですね。
BSが付いていない我が家では見る事が出来ないのですが、映画館で見た時は感動しました。
木島の馬の背温泉へは行った事はありませんが、飯山の正受庵はいい建物でした。

投稿: ちぶす | 2009年7月16日 (木) 10時15分

Pecoさん
お友達リンクありがとうございます。
末永くお願いいたします。私もpecoさんの記事は、とても勉強になります。

投稿: ちぶす | 2009年7月16日 (木) 10時17分

ちぶすさんへ、すみません木島平村の温泉の名前間違えて書いてしまいました、正しくは馬曲(まぐせ)温泉 望郷の湯です。
http://kijimadaira.info/sisetu/maguse.html

投稿: tenten-3 | 2009年7月16日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091398/30551600

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師堂だより:

« 山椒の実がなる頃 | トップページ | 最高のモデルさん »