« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

清内路探索。

Photo_4

昨日は、梅雨の晴れ間をぬって久し振りに清内路地区を探索しました。

初夏を迎えた下清内路の観音山からの眺め。

ここからは、下清内路の町並みが一望でき、風もそよそよと気持ちがいいnotenote

少しの休憩時間が、かなり長居をしてしまった....coldsweats01

Photo_5 Photo_6          Photo_7 33体の石仏が大正5年に観音山に集められ、現在は観音山公園として親しまれています。ここに紹介してのはホンの一部の石仏。

Photo_8 観音山から細い道を下ると、毎年秋に行われる手作り奉納花火が行われる下清内路諏訪神社があります。

Photo_15 Photo_11

清内路にはたくさんの清水があります。

一番から五番清水まであるけれど、国道を少し外れた旧街道沿いには、夏場出作り小屋で仕事をした人たちが利用した出作りの力水が。

きれいに並べられたお茶碗。心を感じます♪

Photo_12 夏でも、この清水は冷たくておいしい。

Photo_16

季節の花は、まだ紫陽花。

「炭を焼きに・・・・」

Photo_13 Photo_14

炭を焼く小屋・・・・黒川の対岸に炭焼き小屋が今でも残っている。

小屋の前に掛けてある黒板には、炭焼きの詩が書かれていた。

誰が書いたのか?わからないけれど、どこか思いが伝わってくる温かい言葉。

二時間ほど歩いて下清内路を回りました。車ではいけない細い道を通ると、静かな山村の文化や歴史に巡り合える貴重な体験ができます。ここにも、そろそろ夏の匂いを感じながらも風は爽やかさを残しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

神秘のオクラの花

Photoオクラの花が咲きました。

黄色いキレイな花です。

Photo_2

この花は、ハイビスカスに似ています。開花は夜から朝にかけて。昼は萎んでしまいます。(と図鑑に書いていますが、午後でも咲いていました・・笑)

まるで、宵待ち草や朝顔の様な少し神秘性をもったオクラの花の美しさは観賞用にもなります。 

夏休みが近づき、子供たちで学校での作品やら荷物で家中が溢れかえってます。明日の週末には荷物の整理に追われそうです。

畑の野菜もボチボチ次の収穫を迎えてます。ミニトマトやサヤいんげんがそろそろ採れそう。嬉しい夏です♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

爆水の不動滝。

梅雨明け宣言がうそうのように毎日雨ばかり。

今日やっと青空が広がりましたsun

お洗濯物も乾きそうで嬉しいですnotenote

7月21日(海の日)に高森町の不動滝まで歩いて行って来ました。

とはいえ・・・・・往復3キロぐらいでしたが、ウオーキングfootがんばってますpunch

Photo このところ雨が続いたせいか水量が多い!

流れ落ちる水しぶきで、近づくとずぶ濡れcrying

ゴ~と言う音があたりの木霊している・・・・・

カメラも水しぶきで、こんな感じになってしまいましたwobbly

Photo_2 不動滝は、長野県自然100選に選ばれるだけあって見事な滝です。

落差50m。一枚岩から流れる水も豪雨なみ!

水遊びに.........なんて考えていたのですが、危ないのでやめました。(笑)

Photo_3 滝周辺にもたくさんの野草が咲いてました。

シモッケ

花は終わりかけ。最近この花の名前を覚えました。

ず~と小アジサイだとばっかり思っていただけに......

ビックリしました。

Photo_4 蛍袋

駐車場からの道沿いにたくさん咲いていました。

この淡い紫色の清楚な色合いが、静かな山合いによくマッチしています。

夏の訪れを感じる花。

Photo_5 この花は何でしょう?

図鑑を見てもわからない!

白くてキレイなんですが、高森町のこのあたりには沢山咲いていました。

Photo_6 行った時刻は、午後3時過ぎでしたが、この滝を見るために訪れる人はまだまだいました。

滝からいただくマイナスイオンは、心も体も元気にしてくれます♪

歩き始めてまだ一週間。でも、体脂肪は着実に減っています~。

体も少しずつ夏バージョン!

キュッと引き締まったしなやかな体をめざそう~runrun

Photo_7

| | コメント (8) | トラックバック (0)

日食と山寺の周辺の花々

今日は、46年ぶりの皆既日食の日でしたが、お天気があまりよくないけれど・・・

Photo_10

全国の観測地。硫黄島・屋久島などには、続々とこの劇的な瞬間をとらえようと、現地入りしてテント生活を送っていたとか・・・。

ちぶすも下伊那の地から微かな願いを込めて空を見上げててるてる坊主heart04

この願いが叶ってか・・・・最大欠け時間11時9分。

Photo_11 こんなぐらいに太陽が顔をのぞかせてくれました~happy01happy01happy01

ラッキー!

お玉に映った影もしっかり三日月です。

この後26年後。この中部地方でほぼ100%の皆既日食が見られるとか・・・・。その時まで生きていなくては・・・・♪

話は変わって・・・

Photo_2

先日7月20日に行った山寺の境内です。哲学の道とも呼ばれているこの遊歩道。

紫陽花が疎らに咲いています。満開の時期にはさぞかしキレイになるのでしょうが、ここの紫陽花は少し遅い気がします。

Photo_5 この仁王像。お寺の両脇でにらみを利かせてます。

桜の時期には、後ろの桜と仁王像とが抜群。

春の桜の時期には是非お出かけ下さい。

山寺の周りに咲く花々。

シモッケPhoto_6

Photo_7 トラノ尾

その名の通り、虎のシッポに似ているな~。

Photo_8 山アジサイ。

白い花が清楚。

遊歩道のあちらこちらに咲いてます。

Photo_9 登山の後、境内を参拝していると、ご住職の奥様が手作りの梅ジュースをご馳走してくれました。

昔農作業の途中でよく父と母が飲んでいる姿を見て、懐かしく感じました。

天然素材の梅ジュースはクエン疲れをとり、さっぱりとしたお味でした。

ご馳走様でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

山寺の戒檀不動明王まで歩こう!

最近北海道の大雪山で遭難があり10人もの方の命が失われました。

なぜか・・・こんなニュースを聞きながら、今年の夏は健康づくりに、トレッキングの靴と服を用意しました。

Photo Photo_4

今の靴や服は随分性能がよくなり、軽くて通気性がよくなりましたね。

おまけにオシャレ!

納得のお値段ですnote

さっそく・・・・・・・・・・ウオーキングへ!

高森町の山寺として有名な隣政寺へ行って来ました。

Photo_5

ササユリの群生地として有名なお寺ですが、もう時期は少し遅かった。down

でもアジサイはこれからがピークかな?

Photo_7

山寺から1.4K山奥の戒檀山の不動明王を見るために山を登る事約40分。

この看板が見えて来ました。急な山道と途中から大雨rainrain。遭難かとかなり不安に・・・・。

完璧に登山ですsad

Photo_8 Photo_9

道沿の観音様のもとに、置物・・・・・・・・?

と思っていたら、本物のガマガエルdash

あんまり驚きすぎて、ピンボケです・・・・・・・(笑)

でも、動かな.い...........のだeye

Photo_10

赤い建物の奥に不動明様がいらしゃいました!

確かに石の彫られた明王の顔は、なかなかの迫力good

Photo_11

さらに奥山に登ること10分で山頂。

息を切らし登頂成功heart04

Photo_12

木の芸術。オブジェ!

この絡み合いはスゴイ!

角度を変えると蛇の絡み合いにも見えるし.......。

このオブジェをご覧頂くには登ってみて下さいup

この山頂から、更に上ると、吉田山へと続きます。地元の高森南小学校の児童は、この吉田山まで、遠足へ行くからスゴイです。

初心者でも、結構キツイ山道でしたが、頂上からの眺めは最高。

だから・・・・登山者が多くなるのですね。

これからは健康のために少しずつ歩こう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

まぶしいぐらいの夕暮れ

Photo

昨日の夕方西部山麓線をrvcarで走っていると、空に微かな虹が・・・・eye

雨上がりにかかる虹を見ながら、ふとある詩を思い出しました

Photo_3

                              まど みちお

ほんとうは

こんな 汚れた空に

出て下さるはずなど ないのだった

もしも ここに

汚した ちょうほんにんの

人間だけしか住んでいないのだったら

Photo_4

でも ここには

何も知らない ほかの生き物たちが

なんちょう なんおく 暮らしている

どうして こんなに汚れたのだろうと

いぶかしげに

自分たちの空を 見上げながら

Photo_5

その あどけない目を

ほんの少しでも くもらせたくないために

ただそれだけのために

虹は出て下さっているのだ

あんなにひっそりと きょうも

最近虹を何度か見ました。

飯田の空も少しずつ汚れてきて 少し悲しい。でも、昨日の夕焼けは妙に光り輝いて写真に撮りたくなりました。

この空を この虹を また見たいと思っているちぶすです。

Photo_7

久々に飯田サテイーのたこ焼きを食べました。

ソースたっぷりに青のりとマヨネーズ。

ちょっとカロリーオーバーな気もしますが小腹がすいた時はこれに限ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

最高のモデルさん

heart01Photo_4 先日飯田の創造館で裸婦講習会がありました。

裸婦の講習会は男性には人気の講座ですhappy02

みんないい位置(笑)を確保するために争奪戦。

ちぶすは、毎回この角度。前からのポーズは、顔や胸に気を取られていい線が出ないというか正直メチャ恥ずかしいのですhappy02

今回のモデルさんはとてもスリムな方。東京のモデル事務所に所属している和風美人さん。(この腰の線がなんとも色っぽい感じですheart02

Photo_2最近家では、夏の温暖化防止と、絵の題材にゴーヤーを育てています。

緑のカーテンになる様に綱をひっぱり毎日見てるのですが、なかなか大きくなりません。

やはり少し涼しかったようですdown

梅雨も明け、今日は秋風が吹く様な爽やかな日でしたが、これから解けるぐらい暑い夏

(今朝のめざましテレビ・お天気お姉さんの表現です)が、南信にもやって来ます。

Photo_3 ゴーヤーの花は黄色。そしてツルが出て...........。

屋根まで届くのはいつかな~

とっても楽しみです♪

そして、暑~い夏にゴーヤー料理を食べながらビールを飲む!

最高の幸せが待っていますlovely

ゴーヤーよ早く大きくなあれ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

薬師堂だより

Photo

長い上り坂を登りつめるとそこに民家があります。

「もっこおばさんちだ!」

近所ではみなそう呼んでいるみたいです。

家の周りに畑を作り、暇があれば、そこへ行き野菜の手入れをする姿は私たちが昔から見てきた風景だったような気がします。

無理もなく自然の赴くまま生活していたら、こんな歳になっていました。

佐久総合病院に勤める医師 南木圭史さんが書いた「阿弥陀堂だより」の一節にこんな言葉があります。 

日が昇れば土に触れ、日暮れとともに眠る。自然の中で生活するという事は、無理なく生きていく事なんだとつくづく感じます。

Photo_2 泰阜村の薬師堂

鎌倉時代に建てられたもので、薬師如来が安置されています。

赤い独特の屋根が目を引きます。

Photo_3

この薬師堂は、地区の方の手によってキレイに整備されて、何かの時にはそこ寄っては手を合わせ今日の健康や安全に感謝する。

村の一角にある薬師堂は、深く心の支えになっているように感じます。

Photo_4

昨日いよいよ梅雨が明け。本格的な夏の到来です。

どこか雲も夏バージョンになりましたね。

いよいよ南信にも暑い夏がやってきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

山椒の実がなる頃

Photo_9

山椒の実を御存じですか?

我が家と同じ11歳を迎えた山椒の木は、裏庭で大木になっていますwobbly

以前お世話になった上司から京都のお土産にちりめん山椒をいただきました。

封を開けるとぷ~んと山椒の香りが匂い。甘辛に煮たちりめんと山椒のピッリとした食感がたまらなくグットなお味でした。

京料理はどこか上品note

昨年の夏。この料理法にチャレンジしたところ酒好きの旦那が大変喜んでくれた事をきっかけに今年もちりめん山椒作りに励みました。

Photo_10

★薄口醤油に砂糖を入れ、ちりめんと山椒の実を入れて煎りますよ^^¥

どんぶりいっぱいのちりめん山椒が出来上がりました。

この季節我が家では、毎朝毎晩食事の友お酒の友となっています。

Photo_5

Photo_8 

梅雨明けを思わせる今日の暑さ。

まだこの暑さに慣れていない体には堪えますsad

このところの雨で随分草が伸びました。

庭の草取りをしていたら、ねじり花があちらこちらに咲いているのを発見eye

この淡いピンク色。

どこからか種が舞い落ち、根付いてしまったのでしょうか。

ちぶすの家の庭は、山野草の宝庫になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲伏戸のあじさい園

Photo_10 泰阜村にある稲伏戸(いなふしど)のあじさい園がキレイだと親戚のお葬式で話題になりました。

稲伏戸・・・・・・?

泰阜村については、あまり詳しくないちぶすですが、休日を利用して行って来ました。

Photo_11 森林を切り開いて作ったあじさい園は、今が見ごろ。

新聞やテレビの取材も来たとか・・・・・・eye

村興しのために作られたこのあじさい園は手入れがよく施されて快適です。

Photo_12 朝早くから、東屋に人が集まり、楽しそうに語りあい。

Photo_13 この季節になると不思議と見たくなる花。それがあじさい.

なぜこんなに色や形が違うのか・・・。すっかり季節の花として定着しましたね。

Photo_14 今減りつつある蜜蜂もここでは大活躍。

爽やかに吹く風と静かに流れる雲。もうすぐ夏の予感。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

じゃがいもがコロコロ!

Photo Photo_2  我が家の畑に植えたじゃがいも「北あかり」が収穫時期を迎えました。

子供達と一緒に畑でじゃがいも掘り。

結構宝探しの様で楽しい~♪ここ掘れワンワンdog

でも、やぶ蚊が多くて大変でしたsad

Photo_3 Photo_4                    

大きさが不揃いなのですが、なかなかの出来栄えに満足scissors

畑だけはたくさんあるので、家庭菜園には困りません。

採りたてホヤホヤのジャガイモでじゃがバタを作ってみました。

Photo_5 北海道で食べたあの味とはどこか違いますが、自分で収穫したものって愛着がありおいしく感じられます。

じゃがいもがあった畑の後は、どんな野菜を植えるか今検討中です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

自然の中を、歩け歩け・・・・すると!

曇り空の一日。出張続きで今日は一息dash

と、思ったら、もう週末ですcatfaceおやおや。。。。。。。

ホントに月日の過ぎ去る事の早さを実感してますwobbly 

これは、お年齢頃のせいだけではなく、世の中が、いえ自分が忙しすぎるのだよ・・・・down

ふ~。

Photo_3 最近健康づくりのために、健康運動指導士 アドバイザー 牧内隆雄さんのウオーキング講座に出席しました。

年齢不詳の牧内さんは、姿勢もよく無駄な脂肪もありません。

動きもキビキビ・・・・若いな~♪

まずは、準備運動。

Photo_4 長時間歩くのに必要な事は、靴下と靴の履き方みたいです。

靴下のかかとが自分の足に合っている事。(大きすぎず、小さすぎず。

5本の指が重ならないように!)

靴の紐の最後の部分をしっかりしめる事で、足の疲れが違います。(これは、ホント!)

3.8キロの道をてくてく歩くと、

Photo_5

田圃にたくさんのおたまじゃくしだ~eye

今年は、各地でオタマジャクシが空から降ってくると言う奇怪現象が相次ぎましたね。

Photo_2

やがて育ったアマガエル。

何を考えているんでしょうね(笑)

自然の中を歩くっていろんな発見があります。

おたまじゃくしを見たのも、何年かぶり。3.8キロで約8000歩。

毎日こんな運動が出来たらいいのに。なかなか難しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »