« 郷土の山を眺めると・・・・ | トップページ | 広々とした大地 »

天竜峡から下伊那を語る

Photo_6

Photo_7 今日は24節気の一つ「雨水」です。だんだん暖かくなり雪から雨に変わって来るということでしょうか?

寒さも遠のいていきます。

日陰に残った雪も消えていく日が近いことでしょう。

でも........今朝の天竜峡から見た下伊那です。気温ー5度。かなりの冷え込みに霜柱がおりました。

Tennryu21 諏訪湖から流れ出す天竜川は、213Kの長さで、長野県・愛知県・静岡県の3県をまたがって流れて、太平洋へ注がれます。

この天竜川は、船下りで有名ですが、暴れ天竜の異名を持つほどの過去に大きな災害をもたらしました。

この川路地区も,昭和36年には三・六災害で多くの人名失われ。。。

(ちぶすは生まれていませんが・・・・笑)

この災害をきっかけに、蛇篭を積んだ堤防が築かれました。

今では、この川路地区の川沿いも新興住宅地や工業団地になっています。

Photo_6 比較的雪が少なく暖かいこの地は、今は観光客が減ってしまいましたが、過ごしやすいところですから、ちぶすにとっては羨ましい限りです。

|

« 郷土の山を眺めると・・・・ | トップページ | 広々とした大地 »

自然」カテゴリの記事

コメント

今朝は寒かったですね~sweat01
しかも地震・・・coldsweats02
船下りは1度だけ行ったことがありますが
暴れ天竜の名にふさわしく、水がかかって
びちょびちょになったことがありますbearing

投稿: 貧乏マダム | 2009年2月18日 (水) 21時43分

まだむさんへ
地震怖かったね。
下伊那は天竜川を囲んでいくつかの断層があるので危険地帯ですね。

舟下りは、私の一度だけ・・・・顔がビショビショでした。

投稿: ちぶす | 2009年2月19日 (木) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091398/28179927

この記事へのトラックバック一覧です: 天竜峡から下伊那を語る:

« 郷土の山を眺めると・・・・ | トップページ | 広々とした大地 »