« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

カラスの集団発生?

今日は用事があり、喬木村の伊久間を通りました。

ここは、天竜川の東側高台にある広い大地です。

春から夏にかけ、この丘にポピーラベンダーの花が咲き、私たちの目を楽しませてくれます。

Photo_4

今は、春に向けての農作業の準備で、畑は静か..........と思ったら

たくさんのカラスが畑で遊んでいました。eye

最近お友達のマダムさんのブログで「カラスの生態について」を読みました。

こちらをご覧下さい。

カラスは、お腹がいっぱいな時は、電線につかまって、大車輪をしたり、滑り台で遊んでいるそうです。(笑)

確かに見ていると、空をスイスイ飛んだりして気持ちがよさそう!

さすがに大車輪までは、見られません.でしたが........

こんなに沢山飛んでいるとちょっと気持ち悪い...........けれど

案外お茶目な鳥だとわかると、親しみが湧きます。

Photo_2

縄文公園から、対岸の高森町方面を見ると、雨上がりの天竜川がキレイに見えました。

もうすぐ三月。この景色は春の匂いがします。

あと二月も残りわずかですね!二月は逃げる様に去って行くのはいつの年も変わりませ

ん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

葉書の木

Photo 阿智村の伍和(ごか)の湿地帯でゆずりはの木を見つけました。

昔、職場を去る上司からゆずりはの話をお聞きました。

「あなたに、このゆずりはを添えて道をゆずります。」

このメッセージを読んだ時に、私は、「ゆずります」とゆずりはをかけたモノだと思っていました。

しかし、このゆずりはは、新葉が生長して古い葉が落ち、新旧交代がはっきりしている事から、「譲り葉と呼ばれているそうです。

Photo_2

やわらかそうな葉の色。

長楕円形。

この木は、花の木と一緒で雌雄異株。

Photo_3 Photo_6

この譲り葉は、別名「葉書の木」と呼ばれ、葉の裏側に、木の枝で字を書くてハガキとして贈られたそうな・・・・・・

こんなお手紙をいただけたら...........ホロリですネ!

試しに書いてみましたが、うっすら~と字が浮かび上がりステキでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

座禅草の群生の様子

Photo_7 阿智村 伍和には、座禅草の群生地が何カ所かあります。

先日の、新聞に座禅草の記事が掲載されました。

すると、今か今かと待ちかまえていたカメラマン達が競って現地に出かけます。

.しかし........花で言えば2分咲きといったところでしょうかwobbly

この座禅草は、阿智第二小学校手前の道を左折したところにあります。

Photo_8 ここは、阿智の備中原でかな?

座禅草の群生地の第一関門ですsign01

この立て看板が見えて来たら、すぐですよ~

この辺りの方は親切で、カメラを持った人が来る外に出て教えてくれます。(笑)

有り難いですね~♪

Photo_9

この伐採された森林の後の湿地帯の座禅草が2本顔を出してました。

これより更に奥にある 伍和 原の平地区の座禅草は............

Photo_10 こんな感じに中の仏像様が見えないかな。

いつもなら、座禅草のピークは3月の中旬頃。

先日の暖かさで、間違えて顔を出してしまったのかな?

でも、かわいらしい角を出し始めてます。

匂いは、ちょっと強烈ですが.....wobbly

【座禅草】

里芋科(サトイモ科)多年草

春 、湿地帯で開花します。茶色の大きな仏焔抱の中にあり、仏炎抱の仏像の光背として、その中にある花を座禅を組んだ達磨大師と見立てた。(植物事典より)

座禅草の群生地は、伊賀良の大瀬木地区。阿南町新野にもあります。

もう2週間ほどしたらお出かけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦労しました。

Photo さて....昨日までの伊賀良神社の前宮から、歩いて700m奥宮へ行くことになりました。

これは.........正直登山ですwobbly

山林は道が整備されているのですが、ブーツではツルツルsweat02

先頭の隊が遙か遠くに行ってしまい心細いweep

Photo_2

何本かの木が伐採されているのですが、運び出す事が出来ず放置されたままです。

Photo_3 山の700mはとてもキツイ!

汗ドロドロになったところで、奥宮の鳥居が見えてきましたhappy01

 ここまで来ると山頂はわずか。

元気がでます~♪

Photo_4

鳥居をくぐり最後の心臓破りの坂をよじ登ると 奥宮 が!

質素な祠に神様が祭られています。

Photo_5 頭の上には落雷で折れた木が・・・・thunder

Photo_6

山頂の木々の隙間から、遠く阿智村の景色が広がります。

苦労して登った 奥宮 登山。でも最高にすがすがしい気持ちになれました。

機会があったら、伊賀良神社を参拝くださいませ。

(画面を大きくしてご覧くださいませ。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

理想の夫婦?ですか・・・・・

Photo_13

伊賀良神社の参道にある檜。

見事な檜です!

Photo_9

夫婦檜

いい名前ですね。

300年間もの長い時間をず~と寄り添って来たこの檜。

Photo_10

はい!この根っこは二つ繋がっているんでうよ~♪

切っても切れない仲・・・・(笑)

Photo_11 この檜の根は、繋がっています。

この根を傷めない様に通る時は、跨いで願い事を思いながら歩くとご利益があるそうです。

ちぶすの願いは沢山過ぎて.............××でしたdown

| | コメント (4) | トラックバック (0)

珍しい狛犬

Photo_2 歴史探訪が好きな仲間とたどり着いた前宮。

享禄年中(1528~31)領主下条伊豆守(7代家氏)が勧請して、この社は建てられました。

当時の社号は てろうの山神 と呼ばれ、伊賀良の社号はのち寛政9年(1797)に改正されました。

(阿智村在住の叔父の書から)

Photo_5 

簡素ですが、なかなか見事な社です。

Photo_6 Photo_7               

今回の目玉は、参道並木もそうですが、狛犬。

この狛犬は、最古のオオカミ と言われる程の珍しい形をしています。

左右にある石灯籠と狛犬は、18世紀中頃 右工森谷要右衛門によって作られたと言う噂もあります。

(お顔が.......ブタ..........みたいですsweat01いえ・・・・ごめんなさいcoldsweats01

下伊那でも、この様な形の狛犬は珍しく、山本の七久里神社とここだけ?という話。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

参道並木を歩いて

Dscf5477 阿智村伍和栗入の地区にある伊賀良神社へ行って来ました。(阿智にあるのに伊賀良とは不思議ですね)

阿智から下條村に抜ける県道64号線から、寺尾地区に入ると高い山の麓におてろう様と呼ばれる伊賀良神社があります。

Dscf5485 Dscf5557                       

この参道並木は、伊那谷一と呼ばれる程の見事な参道です。

現在阿智村天然記念物に指定されました。

およそ、前宮までの約450メートルを檜、松、スギの木々を見ながら歩きます。

森林欲。「自然の気」をいただいて静かな参道を歩いて行くと・・・・・

Dscf5499_4

前宮が見えて来ます。(この伊賀良神社にも、前宮と奥宮があります。)

この石段の苔の感じと、ジグザグの並びかたが、なんともいい雰囲気を醸し出しています。 

実は、10年ほど前に、この参道を歩いた事があります。

この奥にある.....ある有名なモノを見学に来ました。さて..?.....続く!

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春だね!

飯田市の上殿岡の矢沢さん宅の福寿草をみてきました。新聞の効果は絶大!カメラマンでいっぱいでしたよ。

Dscf5371_3 Dscf5367_3 Dscf5364_3

これが、福寿海!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

雲海に煙る

Photo_2

昨夜から雪が降った下伊那地方です。今日は全国的に荒れ模様。

でも、雪もいつしか雨に変わり・・・気温的には暖かい朝となりました。

【山本の城山】.から.....三穂地区を見下ろしました。

雲海の谷間に見えるのが、三穂の伊豆木。

Photo_3    

阿智方面にも霧が....幻想的な風景を醸し出しています。

Photo_4

飯田方面

 モロクロの撮影をしている訳ではないのですが、白黒の世界(笑)

Photo_5 城山は昔久米ヶ城趾があった場所です。

松尾城主の小笠原貞宗の弟 貞長が初代の城主。貞和年間(1345~1350)に築城されました。

ここからの眺めは360度見渡せるので、絶景スポットして多くの人が訪れます。

ここから見るサンセットはステキでしょうね~♪

Photo_6 Photo_7

山頂にある稲荷神社と火の見櫓。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広々とした大地

Photo_8

朝起きたら、雪が降ってましたsnow

季節を甘くみていましたが........二月も下旬に入ります。

阿智村伍和・日の入り地区。原野の奥に広がる南アルプス。

なかなかいい景色です!(画像をannoyして大きくしてご覧下さい。)

Photo_3 標高が高いこの地区では、酪農農家があります。

朝の景色を撮影し・・・・ふり返るとtaurusと目が合いましたeye

ジーとちぶすを見つめるtaurus.......

動物とはいえ、こんなに見つめられると照れてしまいます

happy02

Photo_4 どちらに動いてもカメラ目線(笑)

記念撮影に「はいチーズscissors

プレゼントしましょうか..............sign02

毎年この時期になると、部屋の御棚の整理を始めるちぶすです。

紙類と、埋め立てゴミを分けて・・・・処分場へ運びます。

最近軽トラが家にあったら便利だな~と思うようになりました。

春はお引っ越しが多い季節です。

住まいを変えると気持ちも心機一転です!

ついでに部屋の模様替えもしようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天竜峡から下伊那を語る

Photo_6

Photo_7 今日は24節気の一つ「雨水」です。だんだん暖かくなり雪から雨に変わって来るということでしょうか?

寒さも遠のいていきます。

日陰に残った雪も消えていく日が近いことでしょう。

でも........今朝の天竜峡から見た下伊那です。気温ー5度。かなりの冷え込みに霜柱がおりました。

Tennryu21 諏訪湖から流れ出す天竜川は、213Kの長さで、長野県・愛知県・静岡県の3県をまたがって流れて、太平洋へ注がれます。

この天竜川は、船下りで有名ですが、暴れ天竜の異名を持つほどの過去に大きな災害をもたらしました。

この川路地区も,昭和36年には三・六災害で多くの人名失われ。。。

(ちぶすは生まれていませんが・・・・笑)

この災害をきっかけに、蛇篭を積んだ堤防が築かれました。

今では、この川路地区の川沿いも新興住宅地や工業団地になっています。

Photo_6 比較的雪が少なく暖かいこの地は、今は観光客が減ってしまいましたが、過ごしやすいところですから、ちぶすにとっては羨ましい限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

郷土の山を眺めると・・・・

Photo_2 

いつもの朝に戻り、今朝は冷え込みました・・・・

寒い朝でしたが、天気はよく快晴!

阿智村の伍和より飯田の街を見ました。

遠くに郷土の風越山が見えます。

風越山は、かざこし山とか・・・権現山と呼ばれ白山神社の奥宮がある信仰の山。

http://seinaiji.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-1495.html

(以前ブログでも紹介...........)

標高1535.1mの花崗岩質で出来たこの山の麓に名水猿倉の泉が・・・

ミネラルの豊富な天然水の味は最高です。

http://seinaiji.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-662e.html

後方に1.679mの南木曾岳は白い雪に覆われています。

Photo_4 桜の木の脇道を降りると、

Photo_5 ここにも福寿草が顔を出していました。

どこか....空気が春を感じさせてくれます。

(画面をクイックして大きくしてごらん下さい)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花かんざしによせて・・・・

Photo_2  珍しく主人が花を買って来ました。

白い愛らしい花です。

名前は「花かんざし」

とてもステキな名前が付いています。

太陽の光が好きで、天気のいい日には首を曲げ、雨の日には花びらを固く閉じます。

Photo_3 Photo_5

キク科の一年草。この花の原産地は、豪州。

花言葉は・・・明るい性格。温順

とても小さな花なのですが、この花びらは和紙の様な?タマネギの皮の様な?感触は、まるで造花のよう。

Photo_6 この花を詠んだブログがありました。

誰が書いたかわからないのですが・・・・・偶然に見つけて・・・・coldsweats02

http://www16.plala.or.jp/m_hanakotoba/hanak/hanakan.html

植物には太陽の光の方向へ曲がって育つ屈光性があります。この花には特にその性質が強く、一日でその方向性を変えてしまいます.。

ある意味春の暖かい光に向けて育つ直向きさを感じつつ......

その蕾の固さには・・・意外にも驚かされます。

そんな花の特徴を知ってか?知らずにか主人は、これを私にプレゼントしてくれました。(笑)

最近、思春期の娘はお年頃を迎えました。急に腹を立てたと思えば、時に甘える...........

本当に反抗期を象徴するような娘と、久しぶりに二人で買い物に出ました。

私と同じ色のセーターを着て隣を歩く娘を見て、おかしくて笑いちゃいますが・・・

花かんざしの様な娘。

素直になれば・・・・・いいのになれないから反抗期。

固い蕾から花を咲かせるのはいつだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

画家が住む場所

Dscf5263 ボタニカルアートは、Botanical(植物学

Art(芸術を併せ持ったもの。

いわば、植物図鑑を思い浮かべて貰うと分かりやすいと思います。

15世紀~16世紀半航海時代にヨーロッパで写真がないために、画家が船に乗り込み、現地の植物を絵にして残してきました。

その技法はかなり精密。

最近、 クリスマスローズを買いました。

日に日に花の感じも、変わっていってしまう事に寂しさを感じ、その新鮮な美しさを残してみようと、ボタニカルアートに挑戦してみました。                      

なかなか・・・うまく描けない。down

植物図鑑的描き方は、本当に難しい事を実感。

上部と下部の色の変化・・・・

四苦八苦しながらの作品です。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Dscf5259_2 

Dscf5260_2 

Dscf5261 

昨日から今日にかけて春の様な陽気。

伍和にある座禅草の群生地に出かけたのですが、また早かったようです。

季節は、まだ冬でしたね。

伍和の青見平。長い森林の森を抜けると、、、、、、、

Dscf5258_2

一面の南アルプスが広がります。この景色があまりにも美しいために、画家の方のオシャレな家が広がります。

この景色を眺めながら、毎日絵を描く事ができたら・・・幸せ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

手作りスマイルチョコ♪

notePhoto 明日は、バレンタインです。

特にちぶすには関係ないのですが・・・・・・down

最近、ちぶすの家では、休日・平日を問わずチョコレート作りに奮闘する娘達。

Photo_2 毎回、こんなチョコを作っては試食し、そしてまた作るsweat01

2月に入ってからのチョコレートの消費量はただもんではない

(この時期、チョコがグラムカットされて売られているから・・・かなり楽になりました。)

Photo_3  そして・・・・こんなスマイルチョコを友チョコとしてプレゼントする事になりました。

いろんな表情があって楽しい~notes

Photo_4 こちらは、生チョコ。

この形は、あまりにもシンプルなので・・・

ちょっと手を加え~

Photo_5 桜をイメージしたスマイルチョコに変身させましたscissors   

明日の休日は、ちぶすのうちでチョコパーテイが開催されます。

娘の友達11人がやって来るそうな・・・かなり準備が大変。娘のためとはいえ、休日のセレモニーには気を使いますね~

      

| | コメント (4) | トラックバック (2)

浄心の滝と自然。

Dscf5218_2 今朝は、雪が降りました。休日の後の雪は悲しいwobbly

昨日の天龍村。天竜川の水の流れが穏やかで、懐かしさを感じる風景です。

Dscf5220

天龍村で黄色の植物を見て、ミカンだと思ったらゆずでした。(笑)

坂部の柚餅子は有名です。

坂部は天竜川を挟んで対岸です。昔何度か足を運んだ事がありましたが・・・・・今回は断念bearing

次の機会に行って見ます。

平岡の街の外れに、浄心の滝がありました。

Dscf5211Dscf5198 (画面は大きくなりますよ。)

Dscf5194 Dscf5199                                                                     凍結の様子もなく静かに流れる滝の音に

耳を澄ませて・・・・

しばしの休息を。

Dscf5193_2

滝の横に置かれてベンチ。

気の利いた演出です!

Photo

この実は?

2月の季節に青々と茂る草花を見て、

同じ下伊那でもどこか違う空気を感じます。

天龍村には春がもう来ているのかな~

下伊那は広いです。

PS 天龍村にお住まいのむささびさんからのブログで、伊那小沢の寒桜のお知らせをいただきました。

実は、昨日の終着点は、伊那小沢駅だったのですが、時間がなくて途中で断念しました。

更に、奥にある伊那小沢へ今度行ってみたいと思います。

寒桜を見てみたいちぶすです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鶯巣の梅が咲く

Dscf5184_2 ややさんのブログに登場する平岡です。

今日は、鶯巣の梅花園の梅を見るために平岡へ行きました。

天竜川の水がこんなに深い色なのでびっくりeye

午前中で天気もよかったせいか・・・川への映り込みが美しく、見とれて過ぎて目的地は遠かった~(笑)

Dscf5188 ここは、ちょうど平岡村の街の手前。

空の青さと、川の色の深さに感動しました。

同じ、下伊那でも空気がかなり違います。

Dscf5224 Dscf5214

平岡の街を過ぎ、しばらく車を走らせると

天竜川沿いに鶯巣の梅花園があります。

やはり南に位置する天竜村は、暖かいので、もう梅の花が開花していました。

ここだけ・・・・春のやさしい香りが漂っています。

Dscf5213

| | コメント (6) | トラックバック (0)

苦手だな~

白山神社の御不動様

Photo_9

Photo_7 

                                     

Photo_8

流れ落ちる水飛沫が凍りつき,氷結しています。季節はまだ二月。

例年よりは暖かい冬とはいえ、外はまだ寒い。

寒い!と言えば・・・・

健康診断がありました。自分の体のチェックとはいうものの、病院hospitalへ入った途端に病人モードになってしまう小心者(笑)

だから・・・病院は苦手。でも、心配性のちぶすはよく病院へ行きます。

昨日も、内科検診があり・・・ドクターが聴診器を胸にあてたまま、しばら~く何も言いませんeye

ドキッheart01・・・・・その時間が妙に長くて不安になりますsign02

暫くして無言で席を立ち、看護師さんに何か呟く??

なにsweat02sign02

堅い表情で無言・・・時々首を傾げるdanger

こんな行動は、患者さんにはかなり堪えます。

この数分間で、かなり疲れたちぶすです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白山神社の梅が開花

Dscf5131_2 飯田市滝の沢にある白山神社の手前の梅花園の花が咲き始めました。

今日は、寒空の中。

飯田市有形文化材に指定された白山神社に寄ってみました。

(こちらは里宮です。)

Dscf5171

Dscf5148_2 神社の長い参道を抜け、随身門をくぐると、白山社里宮拝殿「旧護摩堂」が見えて来ます。今回、市の有形文化財に指定された建物です。

江戸時代1733年に建てられものだけあって荘厳で立派!

Dscf5149

恵比寿様に見守られて。2体の神様のお顔はいつ見ても微笑ましい!

Dscf5137 随身門。Dscf5154こちらも市の有形文化財に指定されてます。      Dscf5140                

わら草履が二足。

故郷の山、風越山の山頂にこの白山社の奥宮があります。

昔、何回も、ここから風越山を目指して登ったのですが、国の指定重要文化財となっている奥宮の事は忘れてしまいました。

里宮から、登る事2時間ぐらい?で標高1535・1mの風越山山頂の奥宮まで行く事ができます。

暖かくなったら、一度登ってみたいと思います。

(画面をクイックしてご覧ください。)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

マンサクの咲く頃に

Dscf5103

Dscf5104_2 義母に会いに下條村まで行きました。

義母は、編み物をしながら、毎日この景色を眺めています。

南アルプスがキレイに見えると気持ちがいいようで、会話が弾みます。

20分ぐらいの面会時間ですが、顔色がよい義母の様子に安心。

1月で80歳になった義母です。

今朝、題名のない音楽館で、さだまさしさん秋桜を聴きました。

久々に聴く秋桜は、とても新鮮でシミジミ。いい曲ですね。

母への想いが深く感じられます。

Dscf5086 道すがら・・・・

満作(マンサク)の木を見つけました。

満作は・・・・春、まっ先に咲く花なのでマンサクだそうです。(笑)

確かに、そうですね!

最近みなさんのブログを読んでいると、マンサクの話題が多いです。

Dscf5087 やっぱりこの花も黄色(イエロー)

Dscf5088

赤ちゃんが両手をひろげた様な花びらがとってもかわいい。

秋桜は、ちょっと寂しげですが、マンサクは元気が出る花で好きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

福寿草の群生地で・・・・

Dscf5098_2  今日は、穏やかな週末でした。

阿智村・伍和・寺尾地区に

は、福寿草群生地がありま

す。

今年は、例年よりも、春が早いので、福寿草の事が気になり寄ってみました。

阿智村から下條村へ抜ける道沿いを北へ4K程行くと寺尾地区があります。

遠くに南アルプスが見え、それはそれは長閑なところ。

Dscf5092あたりに人家も人影も少ないので、 不安になりなが・・・行くとこの看板が見えます。(反対側は座禅草の群生地になっています。)

Dscf5094 見えますか?

黄色にツブツブ!

Dscf5096

Dscf5097

ありました~こんなに花を開かせています。まだ2分咲きと言う感じですが・・・・・

田んぼの土手に黄色い花がチラチラと。

この土手いっぱいに黄色い絨毯がひかれるのも、あとわずか。

昨年の写真の記録を見ると、2月26日。まだ3分咲きとなっていますから・・・2週間ばかり早いですね。

これから、見頃を迎えます。是非お出かけ下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

好きな写真

Photo_3

Photo_4

好きなんですよね。こんな写真!

もう1年前になってしまいますが・・・・・九州へ旅に出ました。

有明海の海。夕陽がキレイで感動的でした。

カモメが妙に人なつっこくて・・・・彼らはカッパえびせんが大好きなんですよ(笑)

また行きたいな~

Photo_5

生まれ月が、4月のちぶすは、桜の咲く頃になると、気分的にハイupupになります。

「人は・・・・生まれた時の季節の匂いを幼い頃から覚えていて、その記憶が永遠と残る。」と最近教えていただきました。

春の柔らかい匂い。飯田の美術博物館の安富桜は、今年もこんな色で咲いてくれるでしょうか?

力強い見事な桜です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

清内路村の神社の境内で・・・

Photo_7

清内路村下清内路諏訪神社。             Photo_9  

今日の清内路は春の様な暖かな一日になりました。

春の気配は感じる昼下がり。久々に・・・・・

下清内路の煙火奉納祭りで有名な下清内路諏訪神社に寄ってみました。

細長い坂の上に神社はあります。

あまりにも、長い急坂なので、休み休み歩かないと息が切れそうsweat01

Photo_10 Photo_11

境内の脇にある説教所の大桜は、清内路村の天然記念物に指定された桜。

樹齢 推定百三十年余り。

高さ 11メートル

この桜は、清内路村では、黒船桜清南寺の夫婦桜に並ぶぐらいステキな桜だろうな。

Photo_12 この大杉も、桜に負けないぐらい壮大で圧倒されます。

多分、樹齢としてはかなり長いものだと思いますが、不明。

立春を過ぎた空は、日差しが眩しく、心なしか明るい感じ。

毎年4月25日には、「神楽はやし」「稚児の舞」で、この境内は、村の子どもからお年寄りでいっぱいになります。

桜咲く頃に、またこの神社を訪れてみたいですネ。

(画面をクイックして、大きくしてご覧下さい。)

今日は少しお疲れモードのちぶすでしたが、大きな木(巨木)を見ると、元気の・“気”をいただいた感じです。

疲れたら・・・・大きな木に触れに出かけたいと思います(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春はそこまで・・・・きてる?

Photo_6立春

阿智村の朝は、最近春霞がかかったようなモヤが発生します。

遠くに見える連山も、薄らと夜明けのまどろみの中から、朝を迎えます。

 

      

Photo_3

Photo_7

伸びやかに広がる田園風景!今朝の阿智村春日。朝は冷え込みが厳しく霜が一面に降りました。

暦の上では、春だといってもまだまだ寒い日が続きそうですネ!

11月に植えたプリムラ・ポリアンサの花が咲きました。

Photo_8  Photo_9

どんな色の花が咲くのか楽しみにしていたのですが・・・

黄色!鮮やかな春の色です。

Photo_10プリムラ・マラコイデス

同じプリムラでも、花がちっちゃくてかわいい~。

こちらはピンクの色をつけました。

Photo_11 シーラシベリカ

秋に球根を捲き、2月頃花を咲かせるこのシーラシベリカも芽が出て、もう少しで開花。

ニョキ・ニョキ・・・・・・

と角を土から出しました。

Photo_12 シーランベリカの蕾。

寒さの中でも、植物は季節を感じて春の訪れを教えてくれます。

人は昔から、こうして自然の中で植物に癒されてきたのですネ!

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

節分に・・・こんな太巻きくんを。

今日は節分

Dscf5037

下伊那の各地(全国的)では、豆まきが行われます。

ここ3.4年前からこのあたりでも、恵方巻きを食べる様になりました。

もともとは、関西の行事であった恵方巻きは、巻きずしをその年の恵方に向かって目を閉じて食べると願い事が叶うと言われています。

今年の方向は、東北東

その方向に向けて、巻きずしをくわえ願い事confident

セブン?さんの戦略によって、全国ブームになりましたねheart

かぜ気味なちぶすの家では、特大巻き寿司阿智村の寿司屋さんでお願いしましたgood

Dscf5026 Dscf5039                                

久々の太巻き君です。前に頼んだのは、確か娘の家庭訪問の時sign03

茶菓子の変わりに、特大の巻きずしが出てきて、先生はビックリeyeしてたっけ・・・・。

こんなに大きなお寿司をいただけるので、子ども達を大喜び!!

でも、口にくわえるには・・・ちょっと大きすぎ(笑)

豆をまき、残りを年の数だけ食べる!(最近、食べきれないな~笑)

そして、豆のお茶をいただく。

この一連の行事を行う事に、厄が体から出ていく感じがして好きなんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

芽をだしはじめたよ。

Imgp0425

2月になりましたネ!

高森町から、夕日に染まる塩見岳を撮影したら・・・・・家がかなり目立ってしまいました。

住人の方ゴメンなさい。でも、ステキなお家なので許して下さいネgood

Dscf4999_2

今日は天気がいいので、庭の整頓を行いました。

いつしか・・・冬知らずが花を咲かせて微笑んでくれました。

冬知らずは、キンボケ科の一年草なのですが、寒さに強く冬から春にかけて花を咲かせます。

黄色い1センチぐらいちっちゃい花。

Dscf5003冬知らずの隣から・・・・・ 

水仙もニョキニョキと・・・・・

かわいい芽を出し。

Dscf4995_3

ちぶすの家の中のサボテンにも、新芽が登場!

育てて三年。

サボテンの芽は、こんな風につくのですか?

初めて見ましたeye

こんなに躍動する植物を見ると、すご~く元気をいただいちゃいます。

春はもうそこまで来ています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »