« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

暖かい雨あがりに・・・・

16211_001 雨上がりの今日。

暖かな一日でしたね。

最近、風邪・インフルエンザ・感染性胃腸炎が流行り大変です。

中国では、鳥インフルエンザで5人の方が亡くなりました。

H5N1型と言う強毒のインフルエンザ。

正直怖いです!

市場で鳥に触れられません。若くても感染して亡くなりますwobbly

ホント中国は何かと話題を提供してくれますネdown

今日の雨上がりで、南アルプスがキレイに輝きました。この雨で風邪の流行に歯止めをかけてくれる事を願います。

1639_010このところの暖かさで実家の狼狽も開花しました。

雨の合間の青空に、黄色い狼狽が光ります。

明日から、また天気が冬型に戻ります。

さむ~くなるようですから、風邪にご注意下さい。

今日の写真は、知り合いのキャノンのカメラで撮影した画像です。

さすがに一眼は画像がキレイです。そう・・・・レンズだけで数十万wobbly

カメラ好きの人が写真について語り出すと・・・・・・・それは、それは長くなります。

つまり、カメラは奥が深いし、高額だと言うことです。

でも、キレイな写真を見ると欲しくなりますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

下條村の風景~辛み大根~

下條村には、私は月に2度。旦那は毎週、義母に会いに行きます。

これだけ足を運ぶと・・・下條村の事が少しずつわかるようになりました。

Photo 最近暖かいせいか、下條村の睦沢(むつざわ)親田でもあまり雪がありません。

このあたりは、ソバ・りんご・柿・梨などを作っている農家が多いのですが・・・・・・ちぶすの気になるは辛み大根。

ここで作られた辛み大根を以前いただいた事があります。

確かに辛いのですが、これをお鍋時、ポン酢の中におろし大根として入れると美味!

Photo_2 鍋の味をいっそう引き立てます。

多分・・・お蕎麦の薬味でいただいてもグーだと思います。

あじがわかりますか?

でも、これは・・・・あくまでもオトナの味!子どもの評判はdown

干し柿のシーズンも終わりになりましたが、取り切れなかった柿がまだ、枝についたまま。

遠くにアルプスを見ながらの広い田畑が広がる親田です。

Otaki_annaizu1

下條の睦沢から南に。国道151号線阿南町との境にある陽皐(ひさわ)地区。この奥には鎮西の大滝・小滝があります。

Photo_3 今年の正月には、まだ滝は凍りつく感じもなく、静かな流れを見せていました。

ジャアジャア・・・・(笑9

でも、遊歩道には雪が残り歩くにはちょっと大変!

Photo_4鳥居の奥に見える大滝も、季節が巡り春から夏になると、あたり一面玉紫陽花と岩芝が咲き、多くの人の目を楽しめます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

奈良井宿を訪ねて~ひな人形~

木曽は、昔住んでいたのでとても懐かしいところ。

谷が狭くその間を19号線が南北に長く延びて・・・・。

日の出も遅ければ、夕暮れも早い。

下伊那へ来た時、空の広さに感動しました。

その木曽も権兵トンネルの開通により、随分近くなりました。

木曽には魅力的な文化と歴史があるので、年に何回かは必ず訪れます。

Photo 中山道の宿場町<奈良井宿>

峠を越えると、もうそこに奈良井の宿場は広がっています。

ちょっど雪降りだったので寒い!

(木曽は、南北に長いため、気候が結構違います。南の暖かい南木曾と西部の三岳・王滝・開田。北部の楢川・奈良井とは随分気温に差があります。)

Photo_3 中山道の11宿の北2番目の難所・鳥居峠を控えた宿場街は,昔の面影が残る街並みです。しかし、冬の寒さも厳しいところ。低い屋根に雪が積もった町は、それだけで絵になります。

Photo_4 <水場>

奈良井の町中の至る所にある水場は、かって中山道を旅した旅人のノドを潤した場所。天候が悪いので、よく見えないかも・・・・。拡大してご覧ください!

<喫茶松屋さん>

築160年と言う歴史のある建物の喫茶店。

Photo_5 あまりの寒さに途中で見えた喫茶松屋さんで、暖をとりました。

店には、カメラを持った男性と、店の家主であられる和服姿のご夫妻がいらしゃいました。

木曽漆器の器にケーキを盛る女将さんと、コーヒーを挽く旦那さん。

二人の雰囲気が大正ロマンを思わせる感じ.・・・

Photo_9 Photo_10           

二階には、明治から現代までのひな人形が陳列されていました。

こうしてひな人形を見ていると、時代により、おひな様のお顔も随分変化した事がわかります。

我が家でも、毎年ひな人形を飾っていますが、今年も少し早く出してみようかなと思う一時。

節分が過ぎ、日の良い時(大安か友引)に、納戸から、おひな様を出してみようと思います。

しかし、下伊那のこのあたりでは、桃の花の開花が遅いため、季節遅れの4月に飾るところが多いです。

最近やっとブログの機能を覚えてきました。画像を大きくする機能もわかり、是非写真を拡大してご覧下さい!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

昼神散策

Dscf4881

今日は天気もよく、少し時間があったので昼神温泉街を歩いてみました。阿智川の両脇に広がる温泉街は、春の陽気に誘われてチラホラと人影が。

Dscf4883 Dscf4887                                    温泉街の奥にあるアンテークな喫茶店十字屋さんは、

 

 

Dscf4886_2  相変わらず、洒落た雰囲気のお店。

ここのホットケーキとコーヒーのセットがオススメ!なんですが、今日はカレーにしました。(笑)

Dscf4888_3 玄関に飾られた乾燥とうがらし

これは、厄よけにもなるので、ちぶすの家でも飾っています。

とうがらしが一つ落ちる事に厄も落ちる

この言葉のごとく、世の中の景気が安定して平和になるといいですネ!

Dscf4890 昼神温泉のお湯をひいた足湯。無料の足湯で冷えた足を温めて、

Dscf4897_2 ふと遠くを眺めれば、段間の遙か彼方に南アルプスが。

いい眺め。

春はもうそこまで来ている感じ。

(画像はすべて大きくなります。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三日市場から春を感じて。

Photo 飯田市三日市場から竜丘桐林の抜ける道すがら。

ここから見える景色は、酪農が広がり、ちょっと北海道を思わせます。

遠くに南アルプスを望み。Imgp0486 時を忘れて農業に勤しむ。

今は、収穫の終わった畑で、少しづつ春の準備を農家の人が始めました。

Imgp0484_3 

風をさえぎる木が少なく、一本の落葉樹だけが、目につきます。

この小高い丘の上では、寒さの厳しさを感じます。

Imgp0488_2   1月ももう終わり。冬から少し日差しが濃くなり春の気配の中で、

水仙が飾られたお店をみました。

その鮮やかに輝く黄色は、春の色。

彩り豊かな水仙に春の予感!

和やかな春の花に心穏やかになる一日です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

早朝出勤の醍醐味

Photo 日の出の時間が随分遅くなりましたね。

7時30分。東の山から朝日が登る頃車を走らせているちぶすです。scissors

寒中になって来ると、早朝の出勤は大変。

暗いうちに起き、そして食事をして、台所を片づけて・・・・。

暖気運転・安全確認をして家を出る!

Photo_3 今朝なんて、こんな感じに車の窓がバリバリdown

かなり・・・・の冷え込みだったようです。

夏ならともかく、冬場の早出は眠いし、寒いし・・・・bearing

でも、お陰で日の出前の、風景写真をたくさん撮影できます(笑)

昨日はお年玉年賀状の抽選日でした。

みなさんはもう確認されましたか?

ちぶすは夕べ早速インターネットで調べました。

今年は、3枚切手シートが大当たり。bell

これで、今年もハガキや手紙が何枚か書けます。ちょっとの幸せ。

(画像はクイックで大きくなりますよ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

恵那山がキレイだ・・・・

Dscf4811

長野県人にとって恵那山は岐阜県の山。

長野県側から見ると多くに山に囲まれ、その存在があまりないけれど・・・・・・。

岐阜県側から見ると、こんなに立派な山なんだとつくづく感じました。

冬型の気候の時は、本当に山がキレイに見えますね。

名古屋高速が出来て、飯田から名古屋まで、一時間半で行ける様になりました。

飯田インターから小牧インターまでが、100k弱。この距離は、ETCが半額になるのでお得な感じです。

しかし、行きと帰りと、いつもどこかで同じ間違いを繰り返す我が家は、行きは小牧で降りても、帰りは、一宮から高速乗るコースになってしまう。

多分名古屋高速を理解していないせいだと、痛感しながらも、ナビ無しでお出かけの時は、しっかり下調べをしなくてはいけませんネ!

やがて、休日高速料金が1000円になったら・・・・(なるといいな)バンバン名古屋に行けるかな~

でも、先立つものが必要です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

台湾ラーメン

Dscf4804 名古屋名物台湾ラーメン。

せっかく名古屋に来たんですから、珍しいモノを食べたかったので挑戦しました。

この味は激辛!

この色は唐辛子かな?

と思ったら本当に唐辛子でしたwobbly

ニラと挽肉そして・・・・とうがらし。

かなりの汗に体が温まりました。

でも、スープは、鶏ガラのお出汁が利いていてかなりおいしい。

辛いモノが好きな人だったら、かなりイケますがちぶすは、ちょっとムリ。

いい経験になったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フランスのような・・・

Dscf4807今日、 名古屋に雪が降りましたwobbly

なんて名古屋はこんなに寒いのでしょうか?

栄のセントラルパークも、みぞれ上がりにこうして見ると、パリのエフェル塔の様ではありませんか。(笑)

とは、言うものの・・パリには行ったことがないちぶすです。

Dscf4816 わざわざ名古屋市立美術館までモネ「印象 日の出展」を見に行ってきました。

さすがに本物はいいです。

ため息ばかりの館内。

この「印象 日の出」は、モネの故郷フランスのルーアーブル港で描かれた作品。

朝の靄のかかった海から太陽が上がる瞬間が幻想的に描かれています。

写真にしてしまうとこれだけなんですが、絵の前で膝間づいて、両手を組んでいる人の後ろをそーと抜けたちぶすです。この久々の感動は、郷土の日本画家 菱田春草の王昭君を見た時以来かな。

この展覧会は2月8日まで開催されています。感動的な作品を

是非ご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虹を見た日

Photo_5

寒さがゆるんだ今日。小黒川に虹がかかりました。

最近、虹を見たのは、夏頃でしたか。娘と一緒に虹を見ながら、色の数を数えました。

「虹は七色」ですか?たぶんそう思いますが、毎回四色ぐらいしか識別できません。

Photo_2 今日の虹は、小黒川を中心に半円を描きながら薄い色合いに染まりました。

春の訪れを感じさせる気候の中、少しの霧雨に太陽の光が反射し偶然にも、こんな季節に虹が見られるとはラッキーな一日です。

今夜から、また冬型に戻り寒くなるような予報。

また雪かき作業に追われる毎日になりそうで少し閉口しています。

Photo_3 小黒川の水も青さを増し、冬の深まりに拍車をかけます。

最近色合いが少ない風景ばかり。

過去の写真を開くと、その色彩の鮮やかさにビックリします。

もうすぐ、この活気に溢れた季節がやって来ると思うと、うれしくなります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

植物とともに・・・・・

Photo

春の花プリムラ・オブコニカを買いました。

小さいハートがいくつも重なりかわいい花です。

Photo_2

寒いこの時期にプリムラは花を咲かせる有り難い存在。

もうすぐこの小さい蕾が膨らんでピンクの花を咲かせてくれそうです。

大事にしつつも、少しの寒さに耐える強さを。両方を兼ね備えている事は、人も自然も同じですね。辛い時期をいかに乗り越えるかで、その人の強さや価値が試されます。

そんな事を考えていたら、昨夜は珍しく夜目が覚めて眠れませんでした。(苦笑)

どうも、私は過敏なところがあり、一昨日の主人の叔父のお葬式の事が心に残っているみたいです。

人は出会いもあれば、別れもあります。身近な方の別れは、その都度心を痛めます。

寒い時期、体調を崩される方が多いですが、ご無理をなさらないようにお過ごしくださいねませ。                                          

                                                ちぶす

| | コメント (4) | トラックバック (0)

凍てつく滝

Photo

今日は、暦の上では24節気の一つ「大寒」です。

立春から数えて24番目の節気で、気候的に一番寒いと言われています。

この寒さで、清内路村の姿見不動滝も凍り始めました

Photo_2

この氷雪に包まれる滝。

森林の静寂に、流れ落ちる滝の音に、恐怖さえ感じられます。

 Photo_4                             

長く伸びた氷柱。

これから、更にこの滝は凍てつき、青く染まった不動滝は芸術的な美しさを披露してくれることでしょう。

この寒い時期を、静かに見守りたいちぶすです。                                                    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昭和のモダンな建物

Photo 松尾公民館旧講堂

実は、ここは、映画母べえのロケで使われた講堂です。(多分飯田市民・いえ下伊那の方でしたら、みんなご存じの事と思います。)

Photo_2 ずーと昭和初期のモダンな建物を探していて、この建物が目に入りました。

近づいてみると、本当に映画に使いたくなるような雰囲気が。

Photo_3 塗り壁の重厚感といい・・・・まさに山田組が目をつけた理由がわかります。

この講堂で、あの吉永小百合さんが、天皇節をエキストラの松尾小の児童・校長先生と歌うシーンが目に浮かびます。

Photo_4 この街頭も、なかなか・・。でも、この映画を撮影するにあたって所々修理をした跡が残ります。

もし・・昭和初期のまま修繕を加えずに残っていたらと更に感動的かな。

Photo_5 この建物をアクリルの絵に描いてみました。絵のよいところは、いらないモノは全てカットできる事です。

電柱。道路標識。フェンス。手前の木。全てカット!

この絵はまだ習作ですから、もっとアレンジさせてみようと思います。

(画像はannoy大きくなりますよ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

たまには・・・・・・

Dscf4703_2 音楽好きな人の集まり、新春クラシックコンサートが北方のカフェIFで行われました。

もっぱら聞き役のちぶすですが、クラシックはいい!

聴いていて邪魔にならない音色。

Dscf4704_2 お酒を飲みながらだったら・・・・余計にムードがありますね。

暖かい暖炉の燃えるお店中で、ゆっくりとした時間を。

春の花に包まれ、このお店オススメのパンプキンケーキをいただきました。

Dscf4710 ホントに何度食べても美味しいこのパンプキンケーキ。

もし、北方のIFに行かれたら是非食べてみて下さいネ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘブンスから眺め

Imgp2846_2 Imgp2837_3 暖かな一日。絶好のスキー日よりの今日。

南信のスキー場の一つヘブンス園原パノラマコース標高1600mから展望。

園原インターから車で約10分とあって最近休日は混んでいます。

南アルプスを眺めながらスキーが出来るなんて・・・・・最高!

今年も、シーズン券を買ったちぶす家は、年明け4回目のスキーです。

Imgp2839 ゴンドラから見える山々もいい。

最近このスキー場に行った知り合いが、下伊那の地形がよくわかったと喜んでいました。

そうなんですよ。彼のお住まいは阿智村。

そこから見られる伊那山脈をズーと南アルプスだと彼は思っていたみたいです。(笑)

下伊那は、こんなに山が重なりあっているのですよ。

スキーをやらなくても、この景色を見ているだけで、十分楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

光に映える氷柱

Photo このところ清内路村では、氷点下の厳しい寒さが続いています。

この寒さで、R256号線沿い堀割の山河料理堀割の屋根に大きな氷柱が出来ました。

長さ50センチはあるでしょうか?

昼間は目を凝らさないとわからないのですが、日が沈む頃。お店に電気が灯ります。

すると・・・・・・

Photo_3

列をなした氷柱が一斉に光り輝くときを迎えます。

この堀割の居酒屋風料理屋で、あかね大根の焼酎を片手に語り合う。

村人の安らぎの堀割は、この建物も、季節の風物誌の氷柱も目を引くお店です。

最近温暖化のためか?氷柱を見なくなりましたね?

ちぶすの幼い頃の遊びは、氷柱をアイスクリーム代わりにしゃぶり母に怒られました。

いつの時代の事を言っているのかよくわかりませんが・・・(笑)

そんなに昔ではないようですが、確実に地球は暖かくなっているのでしょうね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夜明け前

Photo

Photo_2 今朝、また雪が降りました。

ー9度の外気は切れる様に冷たい。

こんな日に朝からの雪かきは大変!

でも、日の出前の仕事は、普段見られない輝くモノがいっぱいです。

明け行く光の中に、輝く雪の結晶を撮影しょうとカメラを持った方に出会いました。

Photo_3ダイヤモンドダスト

雪が風で舞い上がり、それに朝の光がさした瞬間、この現象がキレイに撮影出来るのでしょうか?

ちぶすも、一度でいいから、このダイヤモンドダストを撮影してみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山茶花の咲く館内で・・・

Dscf4574 飯田創造館の山茶花が見事に花を咲かせています。

山茶花は、北から冬を感じて儚げな花を咲かせます。

青い空に枝を伸ばし咲き誇る赤い花に思わず足を止め、その花に心惹かれます。

Dscf4575 私の家にも山茶花がありますが、既に花は散ってしまいました。

これから、南から春を感じて華やかな、花を咲かせてくれる椿の開花を楽しみでしている毎日です。

Dscf4570 13日まで飯田創造館で行われていた、郷土の画家 牧内則雄さんの個展を見てきました。

(ご本人の許可を得て写真を撮らせていただいたものです。

この作品はパステルで描かれたものですが、色合いの美しさと、巧みな技法に感動して帰ってきました。

和紙の上に描かれた花。何層にも色を重ねて一つの作品が出来上がります。

創意工夫。不思議なモノで作品には、その方が持っているお人柄が表れます。これらの作品には牧内さんの持つ温かさ、柔らかさ、優しさが表現されています。

また、どこかで個展が開催されたら見に行きたいと思うちぶすです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウコンの力

Photo_2

阿智村からの山々

今朝の冷え込みは、室内の気温が0℃。寒かった~。こんな朝の事を南信では「凍みた」

と言います。

でも日中はお陰に太陽が顔を出してくれたので、雪も解けました。

Haru_hana1 最近叔父のお葬式がありました。

そこで、話題となった手作りウコンをいただいたので、毎日食前に飲み始めて3日目。健康のために続けています。

ウコンはもともと、ショウガ科の一種で、インドカレーに使われている黄色い粉。

花は、こんなにかわいらしい紫なのですが、肥大根っこの部分を天日干しして擦りおろされた黄色の粉末は、非常に苦い!一つの根からたくさんのウコンができます。

健胃作用・利胆作用・美肌作用・肝臓を守る作用があるため、生薬として宣伝されていますが、飲み過ぎは危険です。一回に小さじ半分ぐらいを朝夕に分けていただきます。

家庭でも、結構簡単に栽培できるそうなので、今年はウコンを作ってみようと思いますが、匂いが・・・・・・・down

毎晩晩酌をして、ウコンを飲む。これがはたして健康的なのか???疑問ですが、(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雪のような花に・・・・

Photo_9

今日も雪。室内でも、おそろしく寒い!

最近雪が多くないですか?

毎日、雪を見て暮らしていたら、白いアネモネの花が届きました(笑)

雪に負けないぐらい白さに圧倒されつつ。アネモネの花を見ると春の予感!

アネモネの花言葉「期待」だそうです。早く春になって欲しい気持ちを添えて窓辺に飾

りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

月明かり

Dscf4540

Dscf4546

雪が随分降りましたね。

窓から見える月明かりが、雪の白さに反射して紫色の影を落とします。そこにいくつかの足跡。

雪深い冬ならればの情景を演出しています。

あの夭折作家・新見南吉の「手袋を買いに」の冒頭も、こんな月明かりの夜から始まりますね。

子狐のあしあとかしらん・・・・・・・・・・・。

明日は、スキーに出かける娘の手に手袋を買いたくなるちぶすです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

よく降ります。

Photo 今朝から、大雪の一日。(最近天気予報はよく当たりますscissors

お正月は絶好の晴天だったのに・・・不運です。

園原の里も、こんな墨絵状態。これが、中国だと言ってもわかりませんね(笑)

Photo_4 国道もすっかり白くなり運転にも気を使います。

毎年、この小正月に雪が降ることが多い南信ですが、今日の雪は全国的みたいです。

Photo_2 清内路村のR256号線沿いもどっさり。

昨日久しぶりに洗車をしたのが、悪かったのかも。

私が洗車をするとお天気が下り坂・・・・down

Photo_3 暫く、洗車を控えます。(笑)

明日からまた三連休でよかった。この連休はきっと、最高のスキー日よりになりそうですよ。

(画面をクイックすると大きくなりますよ。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早朝3ショット

Dscf4493_2

Dscf4496_2                                                                                                                           

Dscf4501_3平原綾香さん「ジュピター」の一節を思わせる早朝の下伊那の風景にシャッターを切りました。

凍てつく大地に優しい日差しが差し込む瞬間。意外な色に辺りは変化します。この一瞬の感動を求めて写真愛好家が、増えるんですネ!

この場所は、いずれも西部山麓線沿い。

夕日は切なくなるような望郷の思いを募らせますが、朝日は不思議と元気になります。

今宵、月の横に昴(牡牛座プレアデス星団)・南にアルデバランが見えます。☆に興味がある方は是非ご覧ください!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

どんど焼きの朝

朝6時、どんど焼きに点火!

下伊那では、このどんど焼きの事を、他にほんやり・おんべと呼ぶところもありますが、

私の周りでは、どんど焼きの名で親しまれています。

お正月の松飾りや、だるまなどを集めて大きな塔を作り、その上に唐傘を付ける行事は毎年、7日~14日に行われる小学校の地区行事

子どもの数が少なくなった今では、この作業は子どもだけでは大変。ほとんどが親の手によるものになってます!

Dscf4482Dscf4476 Dscf4484

久しぶりに火の粉を浴びて今年の無病息災をみんなで祈りました。

炎の暖かさに包まれていると、気持ちが優しくなれるものです。

お餅をを焼きながら、そこで出会った人達と何気ない会話を交わす。いいものです~ネ!

Dscf4486

みかんやウインナーも一緒に焼く事をちぶすは知りませんでした。

「焼きみかんはおいしんですよ。」と隣の方が教えてくれましたが・・・・・・???

今朝は、このお餅と七草粥で朝食をいただきました。

春の七草。名前は難しいのですが、案外身近な食べ物だったりするんですよネ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雪降りの朝のお弁当

Photo_12

Photo_13 今朝は一面雪景色。あんなに暖かいお正月だったのにお仕事が始まりと雪が降るのですね。

清内路村と雪の量は違います。飯田まで来ると、ぐ~と少なくなりました。

朝から雪かき作業で大変。お正月で鈍った体には堪えます。

Photo_14 今日は、雑穀米おこわを炊いてお弁当にしてみました。

17種類の雑穀米のおこわは、お正月らしいでしょ?

今年は少し健康に気を使ってみようと思うちぶすです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の気配・・

Dscf4448 蝋梅のつぼみが大きくなりました。

毎年新年のこの時期に花を咲かせてくれるので、我が家では新年を象徴する花として玄関に飾ります。

蝋梅蝋細工に似た梅の様な花として、その名が付いたようですが・・・・・

原産地は中国。

Imgp0489 甘い香りが春の気配を感じさせますね。

今日から、仕事始め。

お正月気分もすっかり遠い世界のようです。

冬休みもあとわずか、たまりにたまった宿題に追われる娘達の手伝いに奮闘中のちぶす。

またいつもの日常生活に戻ってしまった寂しさを感じながらブログを書いています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大楠のご神木

Dscf4430

Dscf4431_2

千年のご神木。

熱田神宮には、大楠の木がご神木として祭られておりました。

千年生き抜いた木の威厳はそれはそれは、すごい!

巨木が好きなちぶすは、この弘法大師が植えたと言う楠の木。

長い歴史を感じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

熱田神宮への初詣。

Dscf4434 お正月も今日で終わりです。

いつも想うのですが、暮れからお正月にかけて、なんて速いのでしょ。

ちぶすは、日帰りで名古屋の熱田神宮へ初詣に行きました。

毎年初詣のベスト5に入る程のコミコミの熱田神宮

Dscf4429 今日も、すごい人・人。ヒトでした。

お肉のクッションに揉まれながら、やっと境内の中に入りました。

お参りの前に手を清めて、

Dscf4428 名古屋の奉納酒を横目で見ながら、一度は飲んで見たいお酒を探しました。

飯田には、喜久水しかないのに、さすがにこの数にはビックリDscf4435

お酒の種類を見に行ったワケではないのですが、なぜか目に付くこのお酒。

御神酒をいただきほろ酔い気分で帰ってきました。

毎年、お正月の初詣でいろんなお寺や、神社を参りましたが、熱田神宮で荘厳な雰囲気は、身も心も清められた感じ。

しかし、1時間並んで1分の参拝時間はどこかの病院みたいです(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

初売りの福袋

Dscf4393_2こんばんは!ちぶすです。昨日城山から見た、阿智~恵那山にかけて。あまりにもキレイだったのでアップしました。

手前に広がる道は三遠南信道です。ご来光を浴び輝いている山が、下條の極楽峠からヘブンス園原、恵那山。そして梨野峠へと繋がります!

Dscf4407 そうそう今日は初売りの日です。

朝から花火がなり急かされる様にお店に向かいました。最近は、元旦から飯田の大型店が営業しているために 、お正月の静けさが失われてしまったようでちょっと寂しいちぶすです。

Dscf4408 今回の目玉は福袋。何が入っているかわからないのでいつもドキドキします。でも、5000円で何品かの服が買えるので毎年我が家の恒例行事になってしまいました。 今年は景品付きなので、二重の喜び。

某山さんの福袋には、このキテイセットが入ってました。

Dscf4413 このルームシューズもナイス。

今まであったかルームシューズがなかったのでとっても嬉しい!!

ちょっとした幸せの一瞬。

だから、初売りが好き。どんなに不景気でも、福袋はしっかり売れますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

元旦の朝の食べ物

Dscf4405 元旦に朝は、南信のこの辺?どの辺かな?

は、朝起きて一番にこんなものを食べます。

栗と豆(落花生)は、豆にくりくり言った習わし

です。

柿。これは市田ガキです!

都会に行くと一つ100円だそうですが、我が家は自家製。

なので、あまり有り難くないような。でも柿は、歯がためのために絶対一個は食べます。

柿の種がたくさんあると、今年はお金が貯まるとか・・・・・・。

でも、ちぶすは、全然数を覚えてません。(笑)

こんな感じで元旦の一日が終わります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

初日の出の瞬間

新年あけまして おめでとうございます。

Dscf4389 2009年の幕開けですね。今年もよろしくお願いします。

新年の初日の出をちぶすは久米の城山で迎えました。

この瞬間を大勢の人がカメラを持って待ちかまえていました。

日の出の輝き。あまりにも一瞬の事で、カメラのシャッターを切り損ねましたwobbly

でも、南アルプスから登る太陽は、ホント手を合わせたくなる程キレイでしたよ。

Dscf4399 毎年のように訪れる初詣は、元善光寺へ。

昨年からの不況の性か、列をなして神頼み。

今年は、みなさんにとっていい年でありますように。

もちろん、ちぶすにとっても最高の年になりますようにお祈りしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »