« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

最高に贅沢な時間

Dscf3795 11月の最後。

今年もあとわずか・・・・。

そろそろ忘年会のシーズンですね。

先だって昨日女性だけの忘年会を、阿智の石苔亭「いしだ」で行いました。

ちぶすにとって石苔亭「いしだ」は敷居が高過ぎて行った事も、見たこともない高級料亭です。

この日、朝から気持ちがソワソワして落ち着きません。服も普段と違ったちょっとオシャレなモノを用意し、何度も鏡を覗きこみます。

Dscf3799 門を入ると京風庭園の中に長い廊下。

その奥に玄関がありました。

Dscf3750 お店の中は、仄かなお香の匂い。

和服姿の従業員の方が丁寧の店内を案内してくれます。

全てが安らぎを与えてくれる飾りと、香りと、佇まい。

やはり・・・噂どおりでした!

Dscf3749 懐石料理も、ちょっとした工夫がされていてお味も上品です。

ちなみに、これは、昆布の船の中にカキ・マイタケ・水菜が入った蒸し物。(昆布は酢昆布でした。happy01

Dscf3754_2  食事の後、ロビーにて「うみたこ」さんに

よる中国楽器二胡の演奏がありました。

二本の弦で音を奏でる音色は、どことなく寂しげ。

この楽器で、枯葉・冬ソナの最初から・故郷等を聴くと、ホロリときます。

たった3時間足らずの優雅な時間。

たまには、こんな贅沢な時間もいいものです。

温泉に入り、おいしい物をいただく事って女性にとっては、本当のストレス解消になります。

家でおでんを食べている家族に申し訳ない気持ち。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

イルミネーションの飾りつけ・・・・。

Photo 11月も終わり近づくと、各所でイルミネーションの飾りつけが始まります。

先日、飯田のりんご並木を歩いていたら、大勢の作業員でトップヒルズの飾り付けをしていました。

今年はどんな輝きを見せてくれるのかとっても楽しみになります。

写真は東海環状の刈谷パーキングの観覧車です。

ここは季節に限らず、いつも観覧車がキレイに輝いています。

いつも、ここを通る度に、「観覧車に乗りたい!」と叫ぶ娘。

夜は観覧車は動いてないのですが、この光を見るとそそられますね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

古寺巡礼・・・奈良の街へ

Photo

奈良の街に仕事で出かけました。

今の奈良は紅葉まっさかり!

長谷寺の五重の塔

昭和29年に戦争で犠牲になった人たちの霊を慰めるために建設された塔。朱色ともみじの赤が冴え渡ります。

この日天気にも恵まれて、最高の万葉絵巻をみる事ができました。

Photo_2 長谷寺の本堂からの眺め。

秋の紅葉もステキですが、ここはシャクヤクで有名なお寺です。

静かに古寺を巡り、遙か昔万葉の時代に思いをはせる。

ちぶすは、奈良の街でも、長谷寺・室生寺と大好きなお寺です。

生憎、忙しい日帰りのため、このまま奈良をあとにしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

パソコン君SOS

Photo この所パソコンの調子が悪いです。

今も画面が、ガチャガチャしてます。

多分もうすぐこのパソ君は、イカレてこの、ピカソの絵の状態になりそうです。

今日中に膨大なデーターを写しとれなければ、パーになってしまいます。

朝から大変な作業をしながら、カタログを見ています。

この時期の出費は大きいな。(ため息)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊那谷の風景と柿

Photo 南アルプスに雪が降りました。

ここ伊賀良北方のポニー牧場から見る景色は最高です。

遠くにアルプスと、飯田市内が一望できます。

ここで出会ったおじさんが、「この景色を見ながら昼間から酒が飲めたら最高だな!」と呟いてました。

ホント、ちぶすもそう思いますhappy01

Photo_2 柿の実も、まだたくさん木に付いたまま。

この柿は、渋柿なので干して干し柿として食べます。

(柿の選別だけはお得意のちぶすですscissors

Photo_3

先日お訪ねした旧滝澤医院の裏庭に干された干し柿

管理人のおばちゃんが、「自然のまま干していただくだけで充分おいしんな。」

と話してくれました。

燻蒸をせず、皮を剥いて干す。

これだったらちぶすにも出来そうです。

※下伊那弁には、最後に「な~」「に~」がよくつくんですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デコイチ運行によせて。

Dscf3606 蒸気機関車D51ー402

先日JR長野~黒姫駅までをSLが運行されたニュースを新聞で読みました。

飯田の動物園横に保存されているデコイチD51-402も、昭和11年から20年までの10年間、客貨輸送の花形として活躍してきた。

ちぶすは、残念ながらこのデコイチ君を見たのは、ここでしかありません。

かって線路の上を走っていた頃のSLに乗って見たかったな~と言うのは夢でした。

そういえば・・・飯田線の電車にも最近乗った覚えがありません。

一両で長閑に走るローカル線。(たまに何両かの快速もありますが・・・)

電車が来る踏切の音に胸がワクワクするのは、私だけかな?

いつか・・・また車窓から信州の自然を見ながら旅をしたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旧瀧澤医院を訪れて

Dscf3634 下久堅にある旧瀧澤医院飯田市の重要文化財に指定されました。

秋の日を受けて、虎岩の坂道の上に医院はありました。

明治28年に建設されたこの病院は、ちょっとオシャレな擬洋風建築。

Dscf3649 運良く管理人の方が中まで、案内してくれました。

後ろからの姿も凝っています。

Dscf3666

Dscf3679 昔の庭園は、もみじが色を添え、虎岩の民家を一望できます。

この景色を見ながら、明治・大正・昭和を過ごしてきた地域の病院は、昭和の始めに飯田市内に移転しました。

でも、今でも松尾町に移転された4代目先生が時々ここを訪れるようです。

Dscf3684

裏庭には、まだ山ゆりがひっそりと咲いていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

沢城湖で・・・・・遊ぼう!

Dscf3616 こんばんは。

今日は最高の天気でしたね。

11月最後の三連休。行楽日和に、うちの旦那さんは、どこかへ旅行に出かけました。coldsweats02

(いつも行き先を言わないで出かけるのが、旦那の癖。相変わらずです。pout

今日の伊賀良の沢城湖です。

Dscf3623 紅葉は終わりかけていましたが、静かな湖に釣りを楽しんでいる人がいました。

何が釣れるのか話しかけましたが、返事なしdown

釣り人はシャイな方が多いのか・・・・・。

カメラを持った女の人は、不審者ではありませんよ。(笑)

                             

          

 ポカポカの日差しの中で、Dscf3620

彼は湖を見つめて・・・・・・

(クイックannoyしてね。)

Dscf3621 馬は草を食べ。

久しぶりに行った沢城湖は、

馬から、犬から・・・ひつじと・・・・その他

いろんな動物が出迎えてくれますよ。

家族連れにはオススメコースかも!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時には道をそれても・・・

Photo みなさん今朝の朝焼けをご覧になりましたか?

東の空にスポットライトが当たったような空。

綺麗でしたよ。

これから冬にかけ、日の出前の空が、いろんな色に変化します。

毎日見ていても、自然の演出の奥の深さには驚かされます。

Photo_3 ちぶすは、最近寄り道をして帰る事が多くなりました。

いつもの道の脇道に入ると意外な景色に巡り遭えます。

Photo_4 ツタの絡まった橋。

旧151号線沿いのこの橋も、今は通る人も車も少なくなりました。

私たちは、目的地へ速く着くことばかりに気をとられて、昔からある自然

の姿の目をやる事を忘れてしまったようです。

この自然が織りなす芸術作品は、決して簡単に作る事はできない傑作品ばかり。

Photo_5 廃屋となった家も、いい味を出しています。

こんな風景に見とれていると、ついつい予定時間に遅れる事もwobbly

待ち合わせがある時は、いつもの道を通りたいと思います。(笑)

(写真をクイックannoyすると大きくなります。)

151号線沿い・・下条村の風景より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残雪の小黒川から・・・

Photo  昨日の雪は止みましたが、今朝は寒かった~。

小黒川から見る紅葉もまだまだイケテる感じ。

朝は、川からの靄が発生し幻想的になります。

 

 

                                                                 まだPhoto_2 いたるところに雪が残っているのですが、

これからもっと寒い冬を迎えると思うと少し憂鬱になるちぶすです。

昨日、以前職場でお世話になった先輩がお亡くなりなりました。

9月に全身にガンが見つかり、そのままだったようです。

「もう一度会いたかったな。」

いつも、親しくしていただいていた方が亡くなるたびに、そう思うちぶすです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

降りしきる雪の中で

Dscf3549 紅葉と雪が一緒になった清内路村

一番清水からの眺め。

こんな雪降りの中でも、大勢の人が水を汲

みに見えてましたよ。

Dscf3560 ちぶすの家の山茶花が咲きました。

雪の中でも、山茶花の花は元気に咲き誇ります。

そう言えば、この頃から咲く山茶花の花をよく絵に描

きました。

冬の花がない寒い時期に咲く山茶花は、本当にありがたい存在。

この家と同じ10才になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪が降る頃の体調管理

Photo こんにちは。ちぶすです。

久々に更新しました。実は、寒さのせいか・・・・疲れがでたのか帯状疱疹になり休んでました。

帯状疱疹って・・・あの皇室の雅子様が罹ったご病気。

これを聞くとホント高貴なお方とご一緒の病気で、何とも嬉しい様な。

冗談はさて置き、この帯状疱疹とは、ホント噂に聞いていましたが、痛いですweep

ちぶすは、弱点の左耳にできたのですが、たった2粒の発疹で体じゅう半分が、チクチクと痛むのです。(風が吹いても痛いwobbly

だから、最初はどこが悪いのか分からなかったのですが、発疹の最後のかけらが、帯状疱疹特有の色に変化しわかりました。

これから、自分の体の管理をしっかりやらないといけませんね。

自業自得なので、自分に言い聞かせてます。(笑)

季節は、いつしか冬に・・・・清内路にも、雪が降りました。

11月の始め、上清内路の清南寺の紅葉です。

ここのお寺には、上清内路村の一村一墓。みんな同じお墓に入る事は、人々の繋がりも

濃い事を感じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

炭を使った生活

Photo_3 平日の今日、唐松の紅葉が青空の中でひときわ輝いてました。

落ち葉集めをしました。

どんなに掃いても、また葉が散りなかなか綺麗になりません。

この時期は、一つお仕事が増える我が家です。

自然の中で生活する事はこんな事なのですね!

Photo_6 農家で焼いた炭が届きました。

昔はこの辺で炭焼きをしていたお家が多かったのですが、今では本当に少なくなりました。

ちぶすの家にあった炭焼き小屋もすっかり朽ち果ててしまってます。

せっかくこんなにたくさんの炭が届いたので、玄関に消臭として置いてみようかな。

Photo_5 残りは、バーベキューの時に使いたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

憧れのパープルタウン!

Photo

最近霜が降りるようになり、天竜川からの朝霧で飯田の街に霞がかかるようになりました。

今朝の天竜峡からの風景です。

昔、八神純子さんが歌った「パープルタウン」を思い出します。

むらさきに煙る夜明け~♪

この曲を始めて聴いた時、透き通る様な八神純子さんの声と、紫色のニューヨークの街のイメージにすごく感動したことを覚えています。

今、現在も合唱曲として時々歌われていますが、難しい曲なのか?成功したケースを見た事がありません。catface(ゴメンsweat01

もう一分一秒でも長くこの場所に居たかったのですが、寒さに耐えきれなくなり退散しました。

早朝の写真は、相当な覚悟をないとダメですね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小春日の中で。

Dscf3412

Dscf3422

Dscf3449

今日は暖かい一日でしたね。

11月の暖かな日を小春日和(立冬すぎの暖かな日)と呼びますが、まさにその言葉がぴったりな一日でした。

この季節は外回りのお仕事をしたいちぶすです。

密かにカメラを持って嬉しそうに外に出かける同僚を見送りながら、「一緒に連れて行って~」と心の中で呟いています(笑)

Dscf3411 野山も最後の美しさに輝いて。

村外れのお地蔵さん。ここにはいつ通っても綺麗なお花が供えられています。

小春日や 故郷かくも 美しき (有馬 遷子)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テーブルクッキングを楽しもう。

Photo

最近、とある本を読んでいたら、テーブルクッキングの話題が載っていました。

早速ちぶすの家でも、毎日テーブルにホットプレートを据え置きしてみました。

帰宅時間の遅いお父さんも帰って来たら、自分で好きなモノを焼きながらの夕食です。

Photo_2 今夜のメニューは鶏肉とお野菜の甘辛炒め。

それに味噌田楽を焼いていただきます。

このホットプレートを置いて以来、子ども達は、毎日焼きおにぎりで締めくくります。

朝はここで卵を焼いたり、ウインナーを炒めたり。

おやつにはホットケーキを作ったり・・・・・・・。

(自分の好きな味付けが出来る様にいつも調味料を側に置いてあります。)

楽しみながらお料理ができるから、子ども達にも旦那にも好評。

私も、台所に立つ時間が短くなり随分楽になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿智のいしだ亭のお弁当を食べました!

Photo

西部地区スローライフ・スローフード推進事業で見事栄冠に輝いた阿智村の石苔亭いしだのお弁当を振る舞っていただきました。

いしだと言えば、昼神温泉街でも高級料亭です。

庶民のちぶすは、まだいしだ亭を見た事もありません。

まして、お料理も食べた事がないdown

この事業は阿智村の商工会が主催で計画されたもの。

地域の食材を使ったものでコストが1200円以内と言う条件で何軒かのお店のシェフがエントリしてしました。

今回、いしだ亭のお弁当がその栄冠に輝いたので、阿智村との関係者でそのお弁当をPR活動のため試食させていただきました。

阿智の黒毛和牛清内路の黄芋清内路かぼちゃ根羽の土地きのこ。など

を使って思いもよらないお料理に変身。

阿智の黒毛和牛のズッキニー巻き。

黄芋のえびの包みコロッケ。

地域の食材が一流のシェフにかかるとこんな高級なものに変身するのです。

ちぶすの家で育てたさつまいもも、料理と味付けで素晴らしいお料理になるかも。

将来シェフになりたいと夢を持つ娘.。

おいしいものを食べると言う事はこんなに幸せな事なんだね~改めて実感しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観音山から母を思う。

Photo_2 清内路村の観音山。

楼蘭ツツジが赤く紅葉しています。

Photo_3 すっかり季節は、秋から冬に向かう清内路村。

初雪の頼りが聞かれるのも後わずかだと思います。

あの、暑い夏の日が今は懐かしい。

Photo_4 観音山から見る下清内路の夕暮れ。

秋の日暮れは早い。暮れなずむ街並みを見ていると遠い昔の記憶がよ

みがえります。

母の背中におんぶされ家路についた日から、もう何十年もたってしまいました。

年老いた母は杖をつきつき歩く毎日。

今のうちに親孝行をと思いながらも、日々の生活に追われなかなか実現しません。

故郷を思うとき何故か思い出すのは、母の姿なんですよね。

夕暮れ時はちょっとセンチになるちぶすですweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリン酒を作ろう!

Dscf3460_2

カリンが畑にたくさんなりました。

今年は、カリン酒作りに挑戦です。

お店に行ってホワイトリカーと、氷砂糖を買いました。

氷砂糖が意外と高い事に驚きbearing

Dscf3477 カリンの表面は、ぬるぬるして独特の香りがあります。

この匂いが苦手なちぶすは、表面を熱湯でよく表面を洗い、

梅つけのビンの中へ漬け込みました。

半年しっかり漬け込み、それから飲むことができます!

でも、ちぶすは半年は長すぎて待てない気がします。

ものの本によると一ヶ月頃から飲めると書いてありましたscissors

一ヶ月後は、ちょうど雪がちらつき風邪が流行る頃。その頃に、のどのお薬として毎晩少

しずつ試飲していこうかな。

多分半年過ぎにはこのビンに、梅が漬かっているかも(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天然記念物・花の木を見て下さい!

Photo 連休が終わると疲れているちぶすです。

家事は大変!

終わりがなく次から次へと仕事を増やしてくれる家族ですwobbly

山本の北平にある花の木

山本には、あちらこちらに花の木があるのですが、この花の木長野県の天然記念物です。

天然記念物に指定されるとあって、それはそれは見事!

Photo_3  end (クイックして見て下さい。画像が大きくなります。)

 

Photo_4 この花の木は、全長が23米(メートル)。

雌木と雄木とある花の木の中でこの木は雄木にあたるそうです。

(どう違うかわかりません。)

春の芽吹きのシーズンと秋の紅葉の時期。

カメラを持った人が何人もこの木を撮影に訪れます。

この画像は昨日撮影したものですが、葉っぱの感じが今がどうしようもない程きれい。heart04

(表現できないほどキレイ・・・・だあ)

場所がちょっとわかり難いので、ナビで探して来て下さい。

多分載ってないと思いますが。(笑)

         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

下瀬の秋・・・・

Dscf3439_3

飯田市下瀬の阿智川

飯田市と下條の境の旧国道から見た阿智川の紅葉は、いつ見てもキレイです。

Dscf3435

橋の上には国道151号線 。

寒い冷たい雨が降り、体調を崩している人達がちぶすの周りでもいます。

もう、インフルエンザの予防接種の予約はすみましたか?

ちぶすの家では毎年家族全員注射をしてます。

毎年注射をしても、必ずインフルエンザに罹るのですが、やっぱり今年も予約してしまいました。(笑)

明日は今日よりも寒い朝になるようです。

早朝の紅葉を撮影されるみなさんくれぐれも、防寒対策をお忘れなく!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋翳

Photo

朝霜が降りるようになり、刻々と冬に向かう兆しを感じてます。

最近、里にも紅葉前線が訪れて、なんとも言えない秋の彩りに目を凝らしてみると、あの巨匠東山魁夷の作品「秋翳」を思い出します。

1958年に発表されたこの作品は、第1回新日展に出品され、魁夷の代表作となりました。

青の世界を表現した東山魁夷にしては、オレンジ系の色が支流となっている作品です。

秋晴れの青空を背景にした紅葉は、まことに鮮やかで快い。

しかし、ある年の旅で私は少し薄曇りの空の下で、

紅葉の山が落ち着きのある赤さで静かに息づいて情景に心打たれた。

冬を間近にひかえながら、いま、豊かな生命感を内に充実させて、

泰然とした姿をしている。私はこの感動を、最も単純化した構成によって

表現したいと思った。(書 東山魁夷より)Photo_2

今年も東京新国立美術館(六本木)で日展が開催されます。

全国の芸術家達の作品をこの目でみるために、遙々東京に出かける事になっ

たちぶす。

日帰りの「日展とピカソ」をみるためだけのツアー。

お買い物もなければ、食事もおにぎり2個。

全くシンプルな旅であるけれど、4500円の料金が魅力!

今年はどんな作品に巡りあえるか楽しみ。

この日展から帰ってきたら、冬一つの作品に取り組もうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘境の秋

Imgp0297

ややさんのブログに「秘境の秋を見たい」と書いてあったので、ちぶすの秘境を紹介します。

辰野の横川渓谷の紅葉です。

ここは、ダム湖。

以前、同僚からこの渓谷の写真を見せていただき一目惚れしましたheart04

今年、ここの紅葉を見るために訪れたら、懐かしい同僚に会いました。

運命を感じましたが、それ以上の事もなく終わりましたけど・・(笑)

Imgp0296 行った時が、あまりにも天気がよ過ぎて、色が飛んでいますbearing

おまけに午後は、山が逆光で暗くなってしまう。

オススメは午前中の早い時間!

Imgp0295 秋はここに限らず、人・ひと・ヒト・・・・。

野山が美しく変化すると、血が騒ぐのはちぶすだけではありませんね。

(画面はimpactクイックすると大きくなります。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山本の花の木

Photo

今朝、窓を開けたら、猫と目が合いました。

このところ、猫がちぶすの家に住み着いて生活しています。

彼らには、家があるのですが、どうもたくさんの猫がちぶすの家に集まります。

sign04sign04sign04sign04coldsweats01

Photo_2 山本の二ツ山稲荷神社にある「花の木」。

山本には、たくさんの花の木があるのですが、ここの葉の色は見事!

鮮やかな赤。紅葉は赤が映るととてもキレイに見えます。

Photo_3 ピークを過ぎて葉っぱが散り始めていますが、

隣にある、稲荷山神社との組み合わせはバッチグー!

まさに、赤とあか・・・・・。

Photo_4

この階段の奥にあるお社。

昼間なのに薄暗くて・・・

さすがに、この鳥居を1人で通る勇気はありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

赤根大根の収穫をしました。

Photo

9月に蒔いた赤根大根が50日間かけてこんなに大きくなりました。

Photo_2 収穫する時は、とても楽しみです。

草を採ったり、水をあげたり・・・手間暇をかけただけに愛情がわきます。

多分これは、我が子にも言えること。毎日ご飯を食べさせ、オムツのお世話をして大きくなる。時に叱り、時に優しく励ます。こんな繰り返しの中で人として立派に成長した時の喜びはひとしおです。

Photo_3この 赤根大根は、自家用のお漬け物にしたり、農協に出荷します。

清内路では、この赤根大根の焼酎「あかねちゃん」が大人気。

以前に雑誌で紹介された事から、全国からの注文が殺到し在庫がないくらいです。

普通の焼酎と比べるとちょっと大根くさい感じですが・・・・地域のお祭り事には、このあか

ねちゃん」の焼酎が登場します。

ちぶすは、まだアルコール度25%の「あかねちゃん」をいただいた事がないのですが、

今度、家でこっそり試飲してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渓谷の秋

Dscf3301

こんばんは。ちぶすです。

木曽の山を眺めていたら、「今年の紅葉はあまりきれいじゃないよ。」

と言われました。

木曽の人は、毎年どんな紅葉を見ているのしょうか?

最近ちぶすが撮影した一番好きな写真を選んでみました。

木曽の阿寺渓谷の紅葉ですscissors

水面に映る木々と深緑の透明感。

いかがですか?

ここは、夏でも多くの人が川遊びに訪れますが、秋も絶好の場所です。

Dscf3277

このところ多忙なちぶすです。

忘れていた仕事を思い出しせっせとお仕事をしています。

そうだ来月にある結婚式のスピーチも考えなければいけなかったbearing

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・人前で喋る事が苦手で控えめなちぶすには大役過ぎるな~crying

| | コメント (6) | トラックバック (0)

木曽馬のおしり

Dscf3263_3 

こんばんは・・・・ちぶすです。

三連休の最終日、久しぶりに開田高原へ行きました。

権兵トンネルが開通して伊那谷と木曽谷が近くなりましたね。

飯田から、開田高原までわずか1時間30分。高速も平日割引で、ETC料金が安い。

この物価高。いいせめてこんなサービスでもなければ・・・・・・wink

Dscf3261_2

今日の開田高原の木曽馬君もみんな元気でした。

「白樺と木曽馬」

細く長く伸びた足。引き締まったおしり。

見事だな~。

昨日まで、究極の美「裸婦」のおしりを3ポーズ描いていたせいか・・・妙に馬のおしりから

足に目がいくちぶすです。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »